image_print
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.4

診療時に患者が話せる時間はたった「11秒」?

診察室での診療時に、患者が医師に自身が抱えている問題について話せる時間はたった11秒程度であることが、米フロリダ大学内分泌学のNaykky Singh Ospina氏らによる研究で示唆された。米国の複数の医療機関で録画さ […]

Read More
1HDN7月30日「パッケージニュース」No.2

「人生最初の記憶」は思い込みに過ぎない?

人生で最初の記憶は、本物ではなく思い込みに過ぎないかもしれない―。英ロンドン大学や英ブラッドフォード大学などの研究グループが、6,600人を超える成人を対象に人生最初の記憶について調査した結果、約4割の人は2歳以前の記憶 […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.2

米国人は政府より科学者を信じやすい?

政治家の中には科学を軽視する者もいるが、米国や英国の一般の人々はそうではないようだ。英ロンドン大学クイーン・メアリー校のMagda Osman氏らは、米国人と英国人の一般の参加者を対象に、科学の専門家あるいは政策立案者な […]

Read More
1HDN7月23日「パッケージニュース」No.4

5300年前のミイラは高脂肪な食事が好みだった?

アルプス山脈で発見された5300年前の男性のミイラ「アイスマン」は、高脂肪な食事を好んで食べていた可能性があることが、ユーラック研究所(イタリア)のミイラ研究機関に所属するFrank Maixner氏らによる研究から明ら […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.2

米国医師で燃え尽きが蔓延、重大な医療ミスの原因に

米国の6,000人を超える医師を対象に、燃え尽き症候群や疲労感、自殺念慮、職場の安全対策レベル、最近の医療ミスの有無について尋ねた調査の結果、半数以上の医師に燃え尽き症候群の症状がみられ、そのような医師は医療ミスを犯しや […]

Read More
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.2

休暇のリフレッシュ効果は長続きしない

多くの働く人にとって、休暇を取ることは仕事のストレスから解放され、活力を回復するのに有効な手段だ。しかし、米国心理学会(APA)が6月27日に発表した「仕事と幸福感に関する調査(Work and Well Being S […]

Read More
tattoo removal / laser tattoo removal from leg

医師のタトゥー、もはやタブーではない?

タトゥーがある医師は、診療中に患者にタトゥーを見られることをそれほど恐れる必要はないかもしれない―。米セント・ルークス・ユニバーシティ・ヘルスネットワーク救急科のRebecca Jeanmonod氏らが実施した調査から、 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.1

映像の再生速度でサッカー審判の判定が変わる?

6月14日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が連日盛り上がりを見せている。サッカーの試合では主審の判定は絶対とされるが、最近では得点やレッドカード(退場処分)などの誤審を減らすためビデオ判定システムの導 […]

Read More
1HDN7月2日「パッケージニュース」No.2

親のスマホ依存、親子関係への影響は?

子育てに行き詰まっても、スマホやパソコンなどの電子機器を逃げ場にするのは、親にも子どもにもよくないようだ。米ミシガン大学医学部小児科学のJenny Radesky氏らが行った研究で、子どもに手を焼く親ほど電子機器をよく使 […]

Read More
1HDN6月28日「パッケージニュース」No.3

結婚で心臓病や脳卒中のリスク減

結婚は健康に良い影響を与えることがさまざまな研究で明らかにされているが、心筋梗塞や脳卒中といった心血管疾患を予防する効果を示唆する研究結果が「Heart」6月19日オンライン版に発表された。欧米やアジア、中東などさまざま […]

Read More