image_print
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.3

脂肪冷却による痩身術のリスクは予想以上に高い

脂肪を凍結して除去する冷却脂肪融解術(cryolipolysis)は、傷跡を残さず非侵襲的に脂肪を減らせる痩身治療法として人気だが、そのリスクは予想以上に高いかもしれない―。米マイアミ形成外科のMichael Kelly […]

Read More
1HDN6月25日「パッケージニュース」No.4

周術期の輸血で血栓リスク上昇か

術前から術中、術後の周術期に輸血を受けると静脈血栓塞栓症(VTE)を発症するリスクが上昇する可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学輸血医学のAaron Tobian氏らによる研究から明らかになった。約75万人の外 […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 1

脳震盪後のフォローアップケアは不十分

米国では、年間数百万人が軽度の外傷性脳損傷(TBI)である脳震盪を起こしているにもかかわらず、患者の多くは適切なフォローアップ治療を受けていないことが、新たな研究で明らかにされた。研究の結果は「JAMA Network […]

Read More
1HDN6月4日 「パッケージニュース」No. 1

低脂肪食で乳がん女性の生存率向上か

低脂肪食を続けた乳がん患者は、脂肪の多い食事を取っていた患者に比べ、診断後10年以上生存する確率が高いことが新たな研究で示された。今回の研究を率いた米シティ・オブ・ホープ病院のRowan Chlebowski氏は、「脂肪 […]

Read More
1HDN5月31日「パッケージニュース」No. 4

「検査前にブルーの染色剤」で大腸がん発見率が向上?

大腸内視鏡検査の前処置として患者に青色の染色剤を含む錠剤を飲んでもらうことで、がんの可能性がある病変の発見率が向上したとする第III相多施設共同ランダム化比較試験の成績が明らかになった。この染色剤は「Methylene […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 2

大腸ポリープのタイプががんリスクの指標に?

大腸内視鏡検査でポリープが見つかることは珍しくない。中でも最も高頻度にみられるのが良性の腫瘍「腺腫(アデノーマ)」である。腺腫が見つかった人がその後、大腸がんを発症する確率は明確には分かっていないが、米ピッツバーグ医科大 […]

Read More
1-1 HDN5月7日「パッケージニュース」No.3

負傷した兵士に対する世界初の陰茎と陰嚢の移植術が成功

アフガニスタンで負傷した兵士に対し、世界初となる陰茎と陰嚢の完全移植手術が米ジョンズ・ホプキンス大学で実施されたことが明らかになった。手術チームの一員で同大学形成再建外科教授のW. P. Andrew Lee氏は「今回の […]

Read More
1-1 HDN4月26日「パッケージニュース」No.4

薬物過剰摂取者からの臓器提供、米国で急増

オピオイド系鎮痛薬などの過剰摂取が社会的な問題となっている米国で、薬物過剰摂取による死亡者が臓器移植のドナーになるケースが劇的に増加したことが、米ジョンズ・ホプキンス大学のChristine Durand氏らによる調査か […]

Read More

ウエストサイズから心筋梗塞を予測できる?

女性の場合、ウエストサイズから心筋梗塞のリスクを予測できる可能性があるといいます。

Read More

動物による咬傷から身を守ろう

野生動物は一般には人間に近づくことはありませんが、危険を感じたり、病気であったり、仔を守ろうとする場合に人を攻撃することがあります。一方、ペットによる攻撃は比較的よくありますが、生命に関わることはまれです。

Read More