image_print
1-2 HDN12月21日「ヘルスハイライト」No.1

心臓以外の手術でも7人中1人に術後の心筋障害リスク

  • By

以前から、心臓以外の手術(非心臓手術)が術中あるいは術後の心筋障害(周術期心筋障害;PMI)のリスクや、それによる死亡リスクを上昇させる可能性が指摘されている。PMIは明らかな症状がないことが多いため見逃されやすいが、そ […]

Read More
4.1.1

心臓手術は午前中よりも午後、術後の心イベントリスク5割減

  • By

心臓手術は午前中よりも午後に実施した方がより良好な転帰につながることが新たな研究で示された。大動脈弁置換術を午後に受けた患者では、午前中に受けた患者と比べて術後の心血管イベントのリスクが50%低いことなどが分かったという […]

Read More
4.1.1

乳房インプラントがまれな血液がんに関連

  • By

「テクスチャードタイプ」と呼ばれる表面がざらざらとしたタイプの乳房インプラントの使用が、まれな血液がんの一種である未分化大細胞リンパ腫(ALCL)に関連するとのシステマティックレビューが「JAMA Surgery」10月 […]

Read More
4.1.1

鼻の美容整形、魅力アップ以外にも効果

  • By

鼻の美容整形にどの程度の価値があるのだろうか。米ジョンズ・ホプキンズ大学医学部形成外科学准教授のLisa Ishii氏らが実施した調査では、鼻の美容整形(鼻形成術)を受けた患者は他者に「魅力的」に映るだけでなく、「健康で […]

Read More
Man drawing handgun in home in self defense

銃による負傷の医療費は年間28億ドル―米ER受診者データ

  • By

米国で2006年から2014年までに銃創で救急科(ER)を受診した患者数は約70万人に上り、その医療費は年間約28億ドル(約3136億円)に達していたことが、米ジョンズ・ホプキンズ大学医学部外科学のFaiz Gani氏ら […]

Read More
1-1 HDN10月10日「今日のニュース」No.2

輸血用の血液は「新鮮」でなくてもOK?

  • By

集中治療室(ICU)で輸血が必要となった重症患者に対し、保存期間が20日を超えている赤血球製剤を使用しても、保存期間がより短い「新鮮」な赤血球製剤を使用した場合と死亡リスクは同程度だったとする研究結果が欧州集中治療医学会 […]

Read More
4.1.1

「歯科治療」が腹痛や足のしびれの原因に

  • By

歯科治療には思わぬリスクがあることを示す2症例が「BMJ Case Reports」8月7日および8日のオンライン版で紹介された。

Read More
4.1.1

乳頭や乳輪を残す乳房切除術で再発リスクは上昇せず

  • By

がんのある乳房を切除する「乳房切除術」の新しい方法として、近年、乳頭や乳輪、乳房の皮膚を残して切除する「乳頭乳輪温存乳房切除術」が注目されている。その長期的な安全性について検証した研究から、この術式によって乳がんの再発リ […]

Read More