image_print
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.3

精子に良いのはブリーフよりもトランクス?

精子に良いのはブリーフか、それともトランクスか―。長い間、論争の的になっていたこの問題について検討した最大規模の研究の結果が、「Human Reproduction」8月8日オンライン版に発表された。米ハーバード大学T. […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.3

「腟の若返り」誇大広告に米FDAが注意喚起

最近、女性の間で「腟の若返り」が期待できるというレーザー治療などの人気が高まりつつある。しかし、こうした腟の若返り術の効果にはエビデンスはなく、熱傷などのリスクもあるとして、米食品医薬品局(FDA)は7月30日に発表した […]

Read More
1HDN7月19日「パッケージニュース」No.4

卵子凍結の理由は「キャリア」ではなく「パートナーの問題」?

女性が卵子の凍結保存を選ぶ理由は、必ずしもキャリアのためではないことが、米イェール大学人類学教授のMarcia Inhorn氏らが実施した調査から明らかになった。米国などの不妊治療クリニックで卵子凍結の処置を受けた女性1 […]

Read More
1HDN6月14日「パッケージニュース」No. 3

子どもへの性的虐待、経済的な影響も甚大

子どもへの性的虐待は、その後の子どもの人生に大きな影響を与えることが分かっているが、この問題は国全体の経済にも甚大な影響をもたらすことが米ジョンズホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のElizabeth Letou […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース4月5日配信1

減量手術でパートナーとの関係が変わる?

減量手術を受けて痩せることに成功すると、パートナーとの関係が大きく変わる可能性のあることが、「JAMA Surgery」3月28日オンライン版に掲載されたスウェーデンの研究で示唆された。研究によると、減量手術後には離婚し […]

Read More
Happy handsome man using vacuum cleaner for cleaning house at home. Blond wife resting and relaxing on sofa or couch and smiling to him.

性生活への満足度、鍵は家事分担の「公平感」

もし夫として妻との性生活を物足りなく感じているなら、まずは掃除に精を出すと良いかもしれない―。米フロリダ州立大学ペッパー加齢・公共政策研究所のAnne Barrett氏らが実施した研究から、家事分担が公平だと感じている夫 […]

Read More
sticker of pink and blue female and male sex symbol with shadow

米国で性別適合手術を受ける人が増加

米国では性別適合手術の保険適用が拡大されたことで、同手術を受けるトランスジェンダーが増えたことが、米ジョンズ・ホプキンズ大学放射線学のBrandyn Lau氏らによる研究から明らかになった。全米の入院患者のデータを分析し […]

Read More
excited young girl writes text message on her phone

18歳未満の15%に「セクスティング」の経験

18歳未満の若者の約15%に性的な画像や動画、テキストのメッセージを含んだ「セクスト(sext)」を送信した経験があることが、カルガリー大学(カナダ)心理学のSheri Madigan氏らによる研究から明らかになった。研 […]

Read More
4.1.1

米国の中高生、「初体験」の年齢が上昇

米国の9~12年生(中学3年生~高校3年生)の男女を対象に米疾病対策センター(CDC)が実施した研究から、初めて性交を経験する年齢が上昇していることが明らかになった。特に中学3年生と高校1年生の男女で性交の経験者の割合が […]

Read More
1-2 HDN11月9日「ヘルスハイライト」No.2

マリファナ常用者はセックスの頻度が高い

“Pothead(マリファナ常用者)”はベッドでも酩酊状態となるため良い性生活は期待できない、というのは過去の常識なのかもしれない―。米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らが米国の男女5万 […]

Read More