image_print
33078

「まだ中年」でも5人中1人に機能障害

  • By

50歳代から60歳代前半の米国人男女の5人中1人に着替えや食事の支度、買い物といった日常生活動作(ADL)を難しくさせるレベルの機能障害があることが米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のグループによる研究で […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月22日配信2

低脂肪食による減量で肥満者が長生きに?

  • By

肥満の人は低脂肪で飽和脂肪酸の摂取量を抑えた減量食を実践すると、運動の有無にかかわらず余命が延長する可能性のあることが新たなシステマティックレビューとメタ解析で示された。低脂肪食による食事介入で肥満成人の全死亡リスクは1 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月16日配信2

肥満患者で膝関節脱臼、血管損傷リスクが上昇

  • By

成人の約4割が肥満と推定される米国では、肥満の増加とともに膝関節脱臼も増えており、医療費の増大や下肢切断などを要する血管損傷リスクも高まっていることが新しい研究で示された。詳細は「Journal of Orthopaed […]

Read More
Xrð

関節リウマチ患者はCOPDを発症するリスクが高い?

  • By

関節リウマチ患者は慢性閉塞性肺疾患(COPD)を発症するリスクが高い可能性があることが、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のDiane Lacaille氏らによる研究で明らかになった。この研究では、関節リウマチ患者は […]

Read More
4.1.1

「右投げ左打ち」がスター選手になる近道に?

  • By

将来、メジャーリーグで活躍することを夢見る野球好きの子どもは多いだろう。その夢を叶えるには、「右投げ左打ち」の選手になることが近道かもしれない―。アムステルダム自由大学(オランダ)スポーツ医学のDavid Mann氏らが […]

Read More
Close up of elderly person with walking zimmer

転倒予防には運動を推奨、ビタミンDサプリメントは否定

  • By

転倒や骨折は高齢者に身体障害をもたらす主要な原因となっている。米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月26日、これらの予防策に関する勧告の草案を発表し、高齢者の転倒予防のための対策として運動を推奨する一方で、ビタミンD […]

Read More
4HDN国内ニュース9月19日配信1

血中アディポネクチン濃度の上昇が骨折の予測因子に 福岡県糖尿病患者を対象とした大規模疫学研究を解析

  • By

閉経後女性を含む2型糖尿病患者では、血中アディポネクチン濃度の上昇に伴い、骨折全体のリスクだけでなく骨粗鬆症性骨折を来すリスクも高まる可能性のあることが、白十字病院副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究で明らかにさ […]

Read More
Rear view of two professionals in formal suites who stand in front of concrete wall.

身長が低いことにメリット?高身長の人よりも静脈血栓塞栓症リスク低い

  • By

身長が低いことに少なくとも1つは医学的なメリットがあるかもしれない―。スウェーデンの男女約270万人を対象とした研究で、身長が高いほど静脈血栓塞栓症を発症するリスクが高いことが示されたという。この研究結果は「Circul […]

Read More
4.1.1

一般的な鎮痛薬で関節炎患者の血圧が上昇か

  • By

変形性関節症や関節リウマチの患者では、関節の痛みを軽減するために日常的に非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が広く使用されている。その1つであるイブプロフェンが、これらの関節炎患者の血圧を上昇させる可能性があることが、チ […]

Read More
Hands Of Woman Deformed From Rheumatoid Arthritis

手指の関節可動制限が頸動脈アテローム性硬化症と関連 日本人2型糖尿病患者で検討

  • By

日本人2型糖尿病患者では、手指の関節動作が制限される関節可動制限(limited joint mobility)は頸動脈アテローム性硬化症と関連し、特に頸動脈エコー検査で評価したプラークスコアと強く関連することが、市立大 […]

Read More