image_print
1HDN5月21日「パッケージニュース」No. 3

圧迫骨折の骨セメント注入療法、効果に疑問符

脊椎圧迫骨折に対する治療法として広く実施されている、経皮的椎体形成術(PVP)の効果に疑問符を投げかけるランダム化二重盲検比較試験(VERTOS IV試験)の結果が「BMJ」5月9日オンライン版に発表された。

Read More
1-1 HDN5月7日「パッケージニュース」No.3

負傷した兵士に対する世界初の陰茎と陰嚢の移植術が成功

アフガニスタンで負傷した兵士に対し、世界初となる陰茎と陰嚢の完全移植手術が米ジョンズ・ホプキンス大学で実施されたことが明らかになった。手術チームの一員で同大学形成再建外科教授のW. P. Andrew Lee氏は「今回の […]

Read More

ウエストサイズから心筋梗塞を予測できる?

女性の場合、ウエストサイズから心筋梗塞のリスクを予測できる可能性があるといいます。

Read More
4HDN国内ニュース3月26日配信1

20%以上の体重減少で骨粗鬆症性骨折リスクが上昇 日本人糖尿病患者の大規模コホート研究を解析

閉経後女性を含む日本人の2型糖尿病患者では、体重が最大体重から20%以上減少すると骨粗鬆症性骨折を起こしやすくなる可能性のあることが、白十字病院(福岡県)副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究グループの検討で分かっ […]

Read More

動物による咬傷から身を守ろう

野生動物は一般には人間に近づくことはありませんが、危険を感じたり、病気であったり、仔を守ろうとする場合に人を攻撃することがあります。一方、ペットによる攻撃は比較的よくありますが、生命に関わることはまれです。

Read More
Senior man ith painful arm in sling

吸入ステロイド薬の長期使用でCOPD患者の骨折リスク上昇か

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療では、症状を緩和するため吸入ステロイド薬による治療が行われることは少なくない。しかし、高用量の吸入ステロイド薬を長期的に使用すると骨折リスクが上昇する可能性があることが、マギル大学(カナ […]

Read More
1-1 HDN2月8日「今日のニュース」No.2

米国の鎮痛薬問題、市販薬でも

米国では医療用オピオイド系鎮痛薬の乱用が広がり、危機的な状況となっている。こうした中、同国ではオピオイドだけでなくイブプロフェンなどの市販されている鎮痛薬を過剰に使用している人も珍しくないことが米ボストン大学スローン疫学 […]

Read More
1-2 HDN1月18日「ヘルスハイライト」No.2

皮膚細胞から機能する筋肉の作製に成功

ヒトの皮膚組織から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもとに、実際に機能する筋肉を作製することに初めて成功したとする研究結果が「Nature Communications」1月9日オンライン版に掲載された。研究を実施し […]

Read More

筋力トレーニングを始めよう

高齢になるほど筋力の維持は重要になります。筋力増強のためには重い物を持ち上げるウェートトレーニングをする必要があります。

Read More
1-2 HDN12月21日「ヘルスハイライト」No.1

心臓以外の手術でも7人中1人に術後の心筋障害リスク

以前から、心臓以外の手術(非心臓手術)が術中あるいは術後の心筋障害(周術期心筋障害;PMI)のリスクや、それによる死亡リスクを上昇させる可能性が指摘されている。PMIは明らかな症状がないことが多いため見逃されやすいが、そ […]

Read More