image_print
1-1 HDN2月8日「今日のニュース」No.2

米国の鎮痛薬問題、市販薬でも

  • By

米国では医療用オピオイド系鎮痛薬の乱用が広がり、危機的な状況となっている。こうした中、同国ではオピオイドだけでなくイブプロフェンなどの市販されている鎮痛薬を過剰に使用している人も珍しくないことが米ボストン大学スローン疫学 […]

Read More
1-2 HDN1月18日「ヘルスハイライト」No.2

皮膚細胞から機能する筋肉の作製に成功

  • By

ヒトの皮膚組織から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもとに、実際に機能する筋肉を作製することに初めて成功したとする研究結果が「Nature Communications」1月9日オンライン版に掲載された。研究を実施し […]

Read More

筋力トレーニングを始めよう

  • By

高齢になるほど筋力の維持は重要になります。筋力増強のためには重い物を持ち上げるウェートトレーニングをする必要があります。

Read More
1-2 HDN12月21日「ヘルスハイライト」No.1

心臓以外の手術でも7人中1人に術後の心筋障害リスク

  • By

以前から、心臓以外の手術(非心臓手術)が術中あるいは術後の心筋障害(周術期心筋障害;PMI)のリスクや、それによる死亡リスクを上昇させる可能性が指摘されている。PMIは明らかな症状がないことが多いため見逃されやすいが、そ […]

Read More
Close up of elderly person with walking zimmer

大腿骨近位部骨折の手術を遅らせてはならない理由

  • By

大腿骨近位部を骨折した高齢者は、できるだけ早く手術を受ければ重篤な合併症を回避できるかもしれない―。トロント大学(カナダ)のDaniel Pincus氏らが実施した研究から、骨折後24時間以内に手術を受けた患者では、24 […]

Read More
4.1.1

一般的な肩の手術、偽手術を上回る効果認められず

  • By

肩の痛みに対して実施されている一般的な手術の有効性に疑問を投げかけるランダム化比較試験(RCT)の結果が「The Lancet」11月20日オンライン版に掲載された。肩甲骨の一部である肩峰の痛みが続いている患者を対象に関 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月30日配信2

経口インスリンは1型糖尿病の予防に有効か?

  • By

近親者に1型糖尿病患者がいるなど1型糖尿病の発症リスクが高い人の中でも、特にリスクの高い人は経口インスリン製剤の服用でその発症を予防したり、発症時期を遅らせることができる可能性のあることが、「Journal of the […]

Read More
33078

「まだ中年」でも5人中1人に機能障害

  • By

50歳代から60歳代前半の米国人男女の5人中1人に着替えや食事の支度、買い物といった日常生活動作(ADL)を難しくさせるレベルの機能障害があることが米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のグループによる研究で […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月22日配信2

低脂肪食による減量で肥満者が長生きに?

  • By

肥満の人は低脂肪で飽和脂肪酸の摂取量を抑えた減量食を実践すると、運動の有無にかかわらず余命が延長する可能性のあることが新たなシステマティックレビューとメタ解析で示された。低脂肪食による食事介入で肥満成人の全死亡リスクは1 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース11月16日配信2

肥満患者で膝関節脱臼、血管損傷リスクが上昇

  • By

成人の約4割が肥満と推定される米国では、肥満の増加とともに膝関節脱臼も増えており、医療費の増大や下肢切断などを要する血管損傷リスクも高まっていることが新しい研究で示された。詳細は「Journal of Orthopaed […]

Read More