image_print
4HDN国内ニュース9月19日配信1

血中アディポネクチン濃度の上昇が骨折の予測因子に 福岡県糖尿病患者を対象とした大規模疫学研究を解析

  • By

閉経後女性を含む2型糖尿病患者では、血中アディポネクチン濃度の上昇に伴い、骨折全体のリスクだけでなく骨粗鬆症性骨折を来すリスクも高まる可能性のあることが、白十字病院副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究で明らかにさ […]

Read More
Rear view of two professionals in formal suites who stand in front of concrete wall.

身長が低いことにメリット?高身長の人よりも静脈血栓塞栓症リスク低い

  • By

身長が低いことに少なくとも1つは医学的なメリットがあるかもしれない―。スウェーデンの男女約270万人を対象とした研究で、身長が高いほど静脈血栓塞栓症を発症するリスクが高いことが示されたという。この研究結果は「Circul […]

Read More
4.1.1

一般的な鎮痛薬で関節炎患者の血圧が上昇か

  • By

変形性関節症や関節リウマチの患者では、関節の痛みを軽減するために日常的に非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が広く使用されている。その1つであるイブプロフェンが、これらの関節炎患者の血圧を上昇させる可能性があることが、チ […]

Read More
Hands Of Woman Deformed From Rheumatoid Arthritis

手指の関節可動制限が頸動脈アテローム性硬化症と関連 日本人2型糖尿病患者で検討

  • By

日本人2型糖尿病患者では、手指の関節動作が制限される関節可動制限(limited joint mobility)は頸動脈アテローム性硬化症と関連し、特に頸動脈エコー検査で評価したプラークスコアと強く関連することが、市立大 […]

Read More
Christchurch, New Zealand - March 10, 2016 - Maia (3 years old) jumps on a trampoline at the Margaret Mahy Family Playground on March 10, 2016 in Christchurch, New Zealand. It is one of the largest playgrounds  of the Southern Hemisphere, opening in December 2015, and offers separate activity zones for different age groups.

「6歳未満はトランポリンで遊ばせるべきでない」米学会が注意喚起

  • By

トランポリンで遊ぶのは楽しく運動にもなるが、子どもには極めて危険な場合もあると、米国整形外科学会(AAOS)が保護者に対して注意を喚起している。特に6歳未満の子どもは負傷するリスクが高いため、トランポリンで遊ばせるべきで […]

Read More
man on scale

肥満でも人工関節置換術前の減量は必須ではない?

  • By

変形した膝関節や股関節を人工関節と入れ替える人工関節全置換術を予定している肥満患者は、手術前に減量するよう助言されることが多い。しかし、減量しないで手術を受けたとしても、手術による関節の疼痛の軽減効果は適正体重の患者と同 […]

Read More