image_print
4.1.1

顔面エクササイズで見た目年齢が3歳若返る?

  • By

顔面の「ストレッチ」で見た目を若返らせることができるかもしれない―。中年女性を対象とした小規模臨床試験で、20週間の顔面エクササイズプログラムによって見た目年齢が約3歳若返ることが示された。詳細は「JAMA Dermat […]

Read More
Two young medical professionals looking over information on a smartphone

子どもの皮膚症状、スマホ画像でも正確な診断は可能?

  • By

子どもの皮膚に気になる症状があれば、それをスマートフォン(スマホ)で撮影し、画像データを皮膚科医に送るだけで正確に診断してもらえる可能性が高いことが、米フィラデルフィア小児病院(CHOP)小児皮膚科医のPatrick M […]

Read More
1-2 HDN11月22日「ヘルスハイライト」No.2

日中できた傷は夜間の傷よりも治りが早い

  • By

傷ややけどが治る速さには概日リズム(体内時計)が関与しており、日中にできた傷は夜間にできた傷よりも早く治癒することが英医学研究会議(MRC)分子生物学研究所のNathaniel Hoyle氏らによる研究で明らかになった。 […]

Read More

紫外線を避けて皮膚がんを予防

  • By

日光に含まれる紫外線 (UV)は皮膚がんの主な原因となります。紫外線の影響を最小限にとどめるため、以下のようにしっかり対策しましょう。

Read More

ラテックスアレルギーの症状を知ろう

  • By

天然ゴムの成分であるラテックスに対するアレルギーは珍しいものではありません。医師や歯科医からラテックスアレルギーがないかを尋ねられることもあるため、検査を受けたことがなくても、その症状を知っておきましょう。

Read More
Mature woman worried about the future isolated on white background

高価な薬剤は「副作用」を引き起こしやすい可能性

  • By

高価な薬剤は「ノセボ効果」による副作用を引き起こしやすいことが、エッペンドルフ大学メディカルセンター(ドイツ)のAlexandra Tinnermann氏らによる研究で示唆された。ノセボ効果とは、治療の副作用について不安 […]

Read More
Melanoma, skin cancer, mole.

ほくろにメラノーマが発生する可能性は意外に低い?

  • By

ほくろ(母斑)には皮膚がんの1種であるメラノーマが発生しやすいと考えている人が多い。しかし、過去に発表された38件の観察研究をメタ解析した結果、ほくろから発生したメラノーマの割合は3割ほどで、残る7割は皮膚のほくろがない […]

Read More
4.1.1

陰毛の処理に起因する負傷は想像以上に多い

  • By

陰毛の処理に起因する負傷は想像以上に多いことが、「JAMA Dermatology」8月16日オンライン版に掲載の研究で明らかになった。陰毛の処理をする人の4分の1以上は、切り傷、熱傷、発疹などを経験していた。研究を率い […]

Read More

仕事中に皮膚を守るための対策

  • By

製造業や飲食業、建築などの仕事では、強い刺激のある化学物質に皮膚が触れる可能性があります。皮膚を保護するために自分でできる対策を紹介します。

Read More

水ぶくれは潰すべき?

  • By

水ぶくれができてしまったときは、潰さずにそっとしておくのがベストです。ただ、もし自然に潰れてしまった場合は、患部を清潔に保つことが重要です。そのときの正しい対処法を知っておきましょう。

Read More