image_print
tattoo removal / laser tattoo removal from leg

医師のタトゥー、もはやタブーではない?

タトゥーがある医師は、診療中に患者にタトゥーを見られることをそれほど恐れる必要はないかもしれない―。米セント・ルークス・ユニバーシティ・ヘルスネットワーク救急科のRebecca Jeanmonod氏らが実施した調査から、 […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 3

「老化する顔の画像」が日焼け抑止に有効か

日焼けを求める「太陽崇拝者」でも、自分の顔が紫外線を浴びて老いていく過程を画像で見せられると、日焼けの習慣を断念する可能性が高まることが、米サンディエゴ州立大学心理学部のAaron Blashill氏らによるランダム化比 […]

Read More
1HDN6月11日「パッケージニュース」No. 4

皮膚がんの診断精度、AIが皮膚科医を上回る

経験豊かな皮膚科医よりも人工知能(AI)の方がメラノーマの診断精度が高い可能性があることが、ハイデルベルク大学(ドイツ)のHolger Haenssle氏らによる研究から明らかになった。この研究では、58人の皮膚科医より […]

Read More
1HDN6月7日「パッケージニュース」No. 2

重症のアトピー性皮膚炎で心疾患リスク増

重症のアトピー性皮膚炎(湿疹)がある人は、心筋梗塞や脳卒中、不整脈といった心血管疾患発症のリスクが高いことが英国の研究で報告された。これらのリスクの上昇は小さいものの、成人の10%にアトピー性皮膚炎がみられることを考えれ […]

Read More
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 3

健康な人の細菌を皮膚に移植、アトピー治療に有望

健康な人の皮膚上に常在している有用な細菌を採取して患者の皮膚に移植するという治療が、アトピー性皮膚炎(湿疹)の画期的な治療法となり得ることが、米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のIan Myles氏らによる第I […]

Read More
Sick nail on the leg, fungus on the big toe

体重の増加で爪水虫リスクも上昇?

肥満は文字通り頭から爪先まで全身に悪影響を及ぼすようだ。適正体重を上回る体重の増加によって、爪白癬(爪水虫)などの爪真菌症リスクが高まることがカトリック大学校医学部(韓国)のJi Hyun Lee氏らによる研究から明らか […]

Read More
4.1.1

顔面エクササイズで見た目年齢が3歳若返る?

顔面の「ストレッチ」で見た目を若返らせることができるかもしれない―。中年女性を対象とした小規模臨床試験で、20週間の顔面エクササイズプログラムによって見た目年齢が約3歳若返ることが示された。詳細は「JAMA Dermat […]

Read More
Two young medical professionals looking over information on a smartphone

子どもの皮膚症状、スマホ画像でも正確な診断は可能?

子どもの皮膚に気になる症状があれば、それをスマートフォン(スマホ)で撮影し、画像データを皮膚科医に送るだけで正確に診断してもらえる可能性が高いことが、米フィラデルフィア小児病院(CHOP)小児皮膚科医のPatrick M […]

Read More
1-2 HDN11月22日「ヘルスハイライト」No.2

日中できた傷は夜間の傷よりも治りが早い

傷ややけどが治る速さには概日リズム(体内時計)が関与しており、日中にできた傷は夜間にできた傷よりも早く治癒することが英医学研究会議(MRC)分子生物学研究所のNathaniel Hoyle氏らによる研究で明らかになった。 […]

Read More

紫外線を避けて皮膚がんを予防

日光に含まれる紫外線 (UV)は皮膚がんの主な原因となります。紫外線の影響を最小限にとどめるため、以下のようにしっかり対策しましょう。

Read More