image_print
1HDN10月15日「パッケージニュース」No.4

乳がん経験者のケモブレインにアルツハイマー病遺伝子が関与か

乳がん経験者でしばしばみられる化学療法が原因で生じる認知機能障害、いわゆる「ケモブレイン」は、アルツハイマー病に関連するAPOE4遺伝子を保有する女性のみで現れる可能性があることが、米ジョージタウン・ロンバルディ総合がん […]

Read More
1HDN10月11日「パッケージニュース」No.2

単純なルール改正でアメフトの脳震盪リスクが低減

単純なルールの改正によって、アメリカンフットボール選手のプレー中の安全性が高まる可能性があることが、米アイビーリーグが実施した研究で示された。

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月11日配信2

糖尿病と認知症の併存で低血糖関連の死亡リスク増

糖尿病と認知症が併存すると、糖尿病だけの場合に比べて重症低血糖に関連する死亡リスクが大幅に高い可能性があることが、英ノルウィッチ医科大学のKatharina Mattishent氏らによる研究で明らかになった。研究の詳細 […]

Read More
4.1.1

短時間の軽い運動でも記憶力は向上する?

軽い運動をするだけでも記憶力は向上する可能性のあることが、筑波大学体育系教授の征矢英昭氏らの研究から示された。健康で若い成人男女を対象としたこの研究では、安静に過ごした場合に比べて、エアロバイクをゆっくりと漕ぐ軽い運動を […]

Read More
1HDN10月1日「パッケージニュース」No.1

女性は地中海食で脳卒中リスクが低減する可能性

栄養バランスに優れ、適正体重の維持に有用とされる地中海食を摂取している女性は、脳卒中の発症リスクが低減する可能性があることが、英アバディーン大学のPhyo Myint氏らが実施した研究で明らかになった。ただし、男性ではこ […]

Read More
1HDN10月1日「パッケージニュース」No.2

2060年までに1400万人がアルツハイマー病と推計、米CDC調査

米国では2060年までにアルツハイマー病患者数は、現在のほぼ3倍に相当する1400万人に上ると推計されることが、米疾病対策センター(CDC)国立慢性疾患予防・健康増進センターのKevin Matthews氏らが実施した調 […]

Read More
1HDN10月1日「パッケージニュース」No.3

40歳以上の6人に1人が頭部外傷後の意識消失を経験、米調査

頭部外傷に関する研究はフットボール選手や退役軍人を対象としたものが多いが、米ジョンズ・ホプキンス大学のAndrea Schneider氏らによる研究から、予想以上に多くの人が頭部外傷を経験していることが分かった。米国の4 […]

Read More
1HDN9月25日「パッケージニュース」No.4

体内時計がてんかん発作のタイミングに影響か

ヒトの睡眠と覚醒のサイクルを調節する24時間の体内時計(概日リズム)が、てんかん患者の約80%で発作のタイミングに影響している可能性があることが、メルボルン大学(オーストラリア)のMark Cook氏らによる研究から明ら […]

Read More
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.3

日中の眠気はアルツハイマー病の徴候か

日中に眠気を感じる人は、アルツハイマー病を発症するリスクが高い可能性があることが、米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院メンタルヘルス科准教授のAdam Spira氏らによる研究から示唆された。平均年齢60歳の男女12 […]

Read More
1HDN9月3日「パッケージニュース」No.2

脳腫瘍の放射線治療が小児の記憶に及ぼす影響は?

髄芽腫と呼ばれる小児の脳腫瘍に対する放射線治療は記憶に影響する可能性があり、その仕組みの一端を解明したと、米ベイラー大学心理学・神経科学のMelanie Sekeres氏らが「JNeurosci」8月20日オンライン版に […]

Read More