image_print

脳の健康を維持するために

  • By

脳はあらゆる行動を司っているため、脳が健康であれば、長く健康的に生きることができます。

Read More
1-1 HDN10月5日「今日のニュース」No.1

迷走神経刺激法で15年間の植物状態から回復

  • By

交通事故による脳損傷で15年間植物状態にあった35歳の男性が、神経を刺激する治療によって意識を取り戻したことが明らかになった。マルク・ジャンヌロー認知科学研究所(フランス)のAngela Sirigu氏らがこの男性患者に […]

Read More
1-1 HDN9月28日「今日のニュース」No.1

レディー・ガガも苦しむ線維筋痛症の実態

  • By

先日、米国の人気歌手レディー・ガガが線維筋痛症に苦しんできたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で明らかにした。線維筋痛症に伴う慢性疼痛などの症状を理由に、予定されていた欧州ツアーの延期も決定されている […]

Read More
4.1.1

「嗅覚の衰え」あるとパーキンソン病リスク5倍に

  • By

嗅覚の減退がパーキンソン病の前兆である可能性を示した後ろ向き研究の結果が「Neurology」9月6日オンライン版に掲載された。この研究では、米国の高齢者約2,500人を約10年間追跡した結果、嗅覚検査の成績が不良だった […]

Read More
4.1.1

「あくびが伝染する理由」に新たな手がかり

  • By

疲れているわけではないのに、近くにいる人があくびをすると自分もあくびをしてしまうのはなぜだろうか。その手がかりとなる研究結果が、「Current Biology」8月31日オンライン版に掲載された。この研究では、あくびの […]

Read More

脳震盪の症状を知る

  • By

脳震盪は、頭部に急な衝撃を受けることによる脳の損傷です。頭部と脳が急速に前後に動くことにより、脳内の化学物質に変化が生じます。

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

夢を見ない高齢者は認知症リスクが高い?

  • By

睡眠中は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返すが、このうち身体は休息しているが脳は覚醒していて急速に眼球が動いているレム睡眠の状態では夢を見やすい。このレム睡眠の時間が短いと、その後認知症を発症するリスクが高まることが […]

Read More
Senior doctor talking with patient and tablet in office

がんの診断後は心筋梗塞や脳梗塞のリスク高まる

  • By

がんと診断されたばかりの患者は、心筋梗塞や脳梗塞といった動脈血栓塞栓症のリスクが高い状態にあることが、米ワイルコーネル・メディスンのBabak Navi氏らによる研究で示された。詳細は「Journal of the Am […]

Read More
Young dad and his two sons playing video games

一部のテレビゲームで脳の灰白質が萎縮?

  • By

アクション型のテレビゲームをプレイする人の一部で、脳の灰白質と呼ばれる部分の萎縮が認められたとする研究結果が「Molecular Psychiatry」8月8日オンライン版に掲載された。ただ、同研究ではゲームをプレイする […]

Read More
4.1.1

「歯科治療」が腹痛や足のしびれの原因に

  • By

歯科治療には思わぬリスクがあることを示す2症例が「BMJ Case Reports」8月7日および8日のオンライン版で紹介された。

Read More