image_print
1HDN9月20日「パッケージニュース」No.2

高齢者の転倒予防に「太極拳」が有効?

高齢者の転倒予防には、筋力トレーニングやエアロビクスよりも太極拳の方が優れている可能性があることが、約600人の高齢者を対象に行ったランダム化比較試験で明らかになった。詳細は「JAMA Internal Medicine […]

Read More
4HDN国内ニュース9月10日配信1

血糖変動は急性冠症候群患者の予後予測に有用か 日本人のPCI施行患者を解析、横浜市立大

持続血糖モニタリング(CGM)で測定した血糖変動は、重症の糖尿病を合併しない急性冠症候群(ACS)患者の予後予測に有用な可能性のあることが、横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センター講師の岩橋徳明氏らの研究グル […]

Read More
4HDN国内ニュース9月3日配信1

高齢糖尿病患者のサルコペニア、「低BMI」「高体脂肪率」でリスク増 秋田大の研究グループ

日本人の高齢糖尿病患者は、肥満度(BMI)が低過ぎたり、体脂肪率が高過ぎたりすると、加齢に伴って骨格筋量と骨格筋力が低下するサルコペニアになりやすい可能性のあることが、秋田大学大学院内分泌・代謝・老年内科学の福岡勇樹氏ら […]

Read More
1HDN8月6日「パッケージニュース」No.3

中年期の立ちくらみは認知症のサイン?

立ちくらみは「起立性低血圧」とも呼ばれ、高齢者では珍しくない症状だが、中年期の人でみられたら注意した方が良いかもしれない。米ジョンズ・ホプキンス大学神経学教授のRebecca Gottesman氏らの研究から、中年期に起 […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.2

女性の妊娠歴や出産歴が認知症リスクと関連か

出産回数が多い女性や妊娠可能な期間が長い女性、生涯で妊娠した期間が長い女性は、認知症を発症するリスクが低い可能性のあることが、米国で実施された新たな2件の研究で示された。いずれの研究も、詳細はアルツハイマー病協会国際会議 […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.1

米国人が補聴器を使わない理由

米国では、耳が聞こえづらくなっても、高価だからという理由で補聴器を使わない人が多いことが、新たな研究で明らかになった。補聴器を装着するのを恥ずかしいと感じる人も多かったという。「The Gerontologist」5月2 […]

Read More
1HDN7月17日「パッケージニュース」No.4

アルツハイマー病の進行抑制にアスピリンが有効か

アスピリンを服用するとアルツハイマー病の進行を抑制できる可能性のあることが、米ラッシュ医科大学神経学のKalipada Pahan氏らのマウスを用いた実験で示唆された。アルツハイマー病には脳内のアミロイドβ(Aβ)と呼ば […]

Read More
Selective focus on the word "diabetes". Many more word photos in my portfolio...

糖尿病とがん、歯周病、認知症との関連は? 日本人対象の研究をシステマティックレビュー

糖尿病の合併症には、三大合併症(網膜症と腎症、神経障害)が広く知られているが、最近ではがんや歯周病、骨折、認知症、うつ病などが新たな合併症として注目されている。国立国際医療研究センター病院糖尿病情報センター長の大杉満氏と […]

Read More
1HDN7月9日「パッケージニュース」No.3

白内障手術で高齢ドライバーの交通事故が減少か

50万人以上のカナダの高齢者を対象とした研究から、白内障の高齢ドライバーが手術を受けると交通事故のリスクが9%低下することが分かった。リスクの低下度はわずかではあるが、研究を実施したケンジントン・アイ・インスティテュート […]

Read More
4.1.1

高齢者のメタボに残存歯の本数と食べる速さが関連か 愛知学院大の研究グループ

日本人の高齢者では、残存歯の本数と食べる速さ、歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間清掃用具を使う頻度がメタボリック症候群と関連する可能性のあることが、愛知学院大学歯学部口腔衛生学教授の嶋﨑義浩氏らの研究グループの検討で分 […]

Read More