image_print
Close up of elderly person with walking zimmer

転倒予防には運動を推奨、ビタミンDサプリメントは否定

  • By

転倒や骨折は高齢者に身体障害をもたらす主要な原因となっている。米国予防医療作業部会(USPSTF)は9月26日、これらの予防策に関する勧告の草案を発表し、高齢者の転倒予防のための対策として運動を推奨する一方で、ビタミンD […]

Read More
Elderlay woman with oxygen suplement (COPD)

ホスピス利用は「死の直前から」が多い

  • By

死を迎える前の数カ月間、疼痛や抑うつなどのさまざまな苦痛を伴う症状を経験する高齢者は少なくない。しかし、こうした症状を緩和するホスピスケアを受ける高齢者は一部にとどまっており、ケアを受けたとしても死の直前から受け始める場 […]

Read More

「脳の老化」で信じられている根拠のない俗説

  • By

科学者たちの努力によって、ヒトの脳について新しい情報が次々と明らかにされています。ところが、科学的根拠のない誤った情報を信じている人もいまだに多いようです。そこで、加齢と脳について最近明らかになった事実を紹介します。

Read More
4HDN国内ニュース9月19日配信1

血中アディポネクチン濃度の上昇が骨折の予測因子に 福岡県糖尿病患者を対象とした大規模疫学研究を解析

  • By

閉経後女性を含む2型糖尿病患者では、血中アディポネクチン濃度の上昇に伴い、骨折全体のリスクだけでなく骨粗鬆症性骨折を来すリスクも高まる可能性のあることが、白十字病院副院長・糖尿病センター長の岩瀬正典氏らの研究で明らかにさ […]

Read More
4.1.1

一般的な鎮痛薬で関節炎患者の血圧が上昇か

  • By

変形性関節症や関節リウマチの患者では、関節の痛みを軽減するために日常的に非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)が広く使用されている。その1つであるイブプロフェンが、これらの関節炎患者の血圧を上昇させる可能性があることが、チ […]

Read More
HDN9月4日「今日のニュース」No.1

意外に多い「未診断の心房細動」、高リスク者の3人に1人で検出

  • By

心房細動と診断されたことはないが、リスクは高いと考えられる患者の胸部に小型の心電図モニタリング機器を植え込み、長期間にわたって観察した結果、ほぼ3人に1人で心房細動が検出されたとする研究結果が「JAMA Cardiolo […]

Read More
HDN9月4日「今日のニュース」No.2

高齢者の4割超に「医師の話を聞き取れない」経験あり

  • By

高齢者の4割超に医師の話を聞き取れなかった経験があることが、ユニバーシティ・カレッジ・コーク(アイルランド)医学部のSimon Smith氏らによる調査で明らかになった。患者と医師のコミュニケーションに問題があると医療事 […]

Read More
An elderly husband and wife consoling themselves over the loss of a loved one.

家族などによる介護の負担、終末期には倍増

  • By

米国でも家族を中心とした「無償の介護者」が高齢者介護を担うことは珍しくないが、特に死期が近づくと、介護者への負担が倍増することが米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のKatherine Ornstein氏らによる研究で […]

Read More
4.1.1

加齢黄斑変性のサプリメントは費用対効果が高い

  • By

加齢に伴いリスクが高まる眼疾患の1つ、加齢黄斑変性の患者の視力維持に有効とされている安価なサプリメントは、費用対効果にも優れていることが、新たな研究で示された。詳細は「British Journal of Ophthal […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

夢を見ない高齢者は認知症リスクが高い?

  • By

睡眠中は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返すが、このうち身体は休息しているが脳は覚醒していて急速に眼球が動いているレム睡眠の状態では夢を見やすい。このレム睡眠の時間が短いと、その後認知症を発症するリスクが高まることが […]

Read More