image_print
1HDN5月14日「パッケージニュース」No. 4

アルツハイマー病患者の興奮や不安、音楽で軽減か

アルツハイマー病患者の焦燥性興奮(アジテーション)や不安などの軽減に、患者が好む音楽を聴かせる治療法が有効である可能性を示した研究結果が「The Journal of Prevention of Alzheimer […]

Read More
Senior Man Relaxing In Bed

たった一晩の睡眠不足でアルツハイマー病リスクが増大?

たった一晩でも睡眠が不足すると、アルツハイマー病との関連が指摘されているアミロイドβ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の蓄積量が脳内で増加することが、米国立アルコール乱用・依存症研究所(NIAAA)のEhsan Shokri- […]

Read More
33180

高齢になっても脳神経細胞は増え続ける

高齢になると脳細胞は減るばかりで増えることはないと一般的に考えられているが、こうした考えを覆す新しい研究結果が「Cell Stem Cell」4月5日オンライン版に掲載された。14~79歳で急死した健康な男女の脳を剖検し […]

Read More
33241

高たんぱく質食、高齢男性の筋肉増加にはつながらず

「筋肉量を維持するには、たんぱく質の摂取量を増やせばよい」と考える高齢男性は少なくないだろう。しかし、少なくとも筋肉トレーニングなどの習慣がない高齢男性では、たんぱく質の摂取量を増やしても筋肉量には影響しないことが小規模 […]

Read More
1 HDN4月5日「パッケージニュース」No.1

聴力が低下した人は事故で負傷するリスクが高い?

難聴で困るのは会話が聞き取りづらい時くらいだと考えている人は少なくないだろう。しかし、難聴による問題はそれだけではない可能性があることを示した研究結果が「JAMA Otolaryngology」3月22日オンライン版に発 […]

Read More
4.1.1

たばこのニコチン含有量、米国で規制へ

米食品医薬品局(FDA)は3月15日、米国で販売される紙巻きたばこに含まれるニコチンの量に上限を設ける計画を発表した。最終的な目標として、FDAは「ニコチンへの依存性をもたらさない含有量に抑えたい」としている。

Read More
33182

85歳以上では高コレステロールが認知機能低下を抑制?

高齢者の中でも特に高齢の人では、総コレステロール(TC)値の上昇が認知機能低下リスクの低さに関連するという予想外の研究結果が「Alzheimer’s & Dementia」3月4日オンライン版に掲載さ […]

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

保存期CKD患者のサルコペニアにループ利尿薬が関連か 日本人患者260人のデータを解析、東京医歯大

透析導入前の日本人の保存期慢性腎臓病(CKD)患者では4人に1人にサルコペニアの合併がみられ、こうした合併リスクにはCKD患者でよく用いられる利尿薬、特にループ利尿薬の使用が関連している可能性のあることが、東京医科歯科大 […]

Read More
Human spaider veins on the legs of woman

下肢静脈瘤ある人はエコノミークラス症候群リスクが高い?

脚の皮膚の表面に静脈の一部が盛り上がり、かゆみや痛みを伴うこともある下肢静脈瘤は、加齢に伴い誰にでも起こり得る疾患の一つだ。しかし、問題は見た目や症状だけにとどまらない可能性があることが、長庚記念病院(台湾)のShyue […]

Read More
Confused Senior Man With Adult Daughter At Home

アルツハイマー病の新薬開発、失敗続く理由とは?

アルツハイマー病の新薬の開発が相次いで中止され、一部の専門家から研究の方向性を疑問視する声が上がっている。その一方で、これまでのアルツハイマー病研究で見逃していたものが何だったのか、研究者たちによる探求が続けられている。

Read More