image_print
2HDN糖尿病ニュース8月24日配信2

睡眠不足で子どもの2型糖尿病リスクが高まる?

  • By

英国の子どもを対象とした観察研究で、睡眠時間が短いほど2型糖尿病の危険因子が多く、その後に2型糖尿病を発症しやすいことが分かった。「Pediatrics」8月15日オンライン版に掲載されたこの研究によると、睡眠時間が短い […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月24日配信1

オンラインゲームで2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善

  • By

糖尿病の自己管理について学習できるチーム対抗のオンラインゲームに参加すると、2型糖尿病患者の血糖コントロールが長期にわたり改善することが新たな研究で示された。

Read More
4.1.1

「歯科治療」が腹痛や足のしびれの原因に

  • By

歯科治療には思わぬリスクがあることを示す2症例が「BMJ Case Reports」8月7日および8日のオンライン版で紹介された。

Read More
4.1.1

月経の開始年齢が学校の成績に関連か

  • By

月経が早く始まった女児では就学年数が短くなる可能性があることが、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのDipender Gill氏らの研究で示唆された。

Read More
Kidney

「腎細動脈硝子化」所見は糖尿病性腎症早期のアルブミン尿増加およびGFR低下を予測する 北里大の研究グループ

  • By

腎病理所見の1つである腎細動脈硝子化(arteriolar hyalinosis)の重症度は、正常~微量アルブミン尿期の日本人2型糖尿病患者において、尿中アルブミン排泄量(UAE)の増加と糸球体濾過量(GFR)低下の予測 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月21日配信1

日本の医療費増加に最も影響する心血管危険因子とは? 獨協医大の研究グループ

  • By

健康診断を受診した茨城県の住民を対象とした研究から、心血管危険因子の中でも「高血圧」が医療費の増加に最も影響を及ぼす因子であり、その影響度は糖尿病や脂質異常症よりも大きく、腹部肥満の有無にかかわらないことを、獨協医科大学 […]

Read More
o-170812

中年期の喫煙や糖尿病、高血圧などの心血管リスク因子が認知症と関連――米研究

  • By

中年期の喫煙や糖尿病、高血圧などの心血管リスク因子は、その後の認知症リスクを高めるとの研究結果が「JAMA Neurology」8月7日電子版に掲載された。 米ジョンズ・ホプキンズ大学のRebecca F. Gottes […]

Read More
Stomach

胃バイパス術による全死亡率の低減効果に糖尿病の有無で差――米研究

  • By

手術時に糖尿病がある患者では、ルーワイ胃バイパス術(RYGB)により全死亡率は有意に低下するが、糖尿病を持たない患者では全死亡率の有意な低下はみられないとする研究結果が「Diabetes Care」7月31日電子版に掲載 […]

Read More
Kidneys

慢性腎臓病患者の嗅覚障害は栄養状態に影響する――米研究

  • By

慢性腎臓病(CKD)や末期腎不全(ESRD)の患者は嗅覚障害が起こりやすく、栄養状態に影響を及ぼすとの研究結果が「Journal of the American Society of Nephrology」8月3日電子版 […]

Read More
4.1.1

肥満患者との接し方に注意―医療従事者による肥満差別で重大な影響

  • By

医療従事者が「肥満は恥ずべきこと(fat shaming)」という考え方に基づいて差別的な態度で肥満患者に対応すると、患者の心身の健康が損なわれる可能性があるというレビュー結果が、米国心理学会(APA、8月3~6日、ワシ […]

Read More