image_print
2HDN糖尿病ニュース10月19日配信2

若年1型糖尿病患者はポンプ療法と頻回注射のどちらを選択すべき?

  • By

2万人近くの若年1型糖尿病患者を約3年間追跡した結果、インスリンの頻回注射と比べてインスリンポンプ療法は低血糖などの合併症を抑制し、血糖コントロールにも有用な可能性があると、ドイツ糖尿病研究センターのJoachim Ro […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月19日配信1

1型糖尿病はセリアック病のリスク因子?

  • By

1型糖尿病の子どもを持つ親は、同じく自己免疫疾患であるセリアック病の症状にも注意する必要があるかもしれない-。「Pediatrics」10月10日オンライン版に掲載された研究で、1型糖尿病の家族歴があるなど遺伝的にリスク […]

Read More
4HDN国内ニュース10月16日配信2

震災後に増加する糖尿病リスク、余命短縮に大きく影響 福島県立医大の調査

  • By

2011年に発生した東日本大震災と東京電力福島第一原発事故は日本国民、中でも被災地住民の生活や健康に多大な影響を及ぼした。このほど福島県立医科大学健康リスクコミュニケーション学講座の村上道夫氏らの研究グループが行った調査 […]

Read More
4HDN国内ニュース10月16日配信1

空腹時血糖異常と腹部肥満は糖尿病の強力な危険因子 日本人の成人男女で解析

  • By

日本人の成人男女はメタボリック症候群の危険因子の数が増えるほど将来、糖尿病になりやすく、特に空腹時血糖異常(IFG)があるとリスクはさらに高まる可能性のあることが医薬基盤・健康・栄養研究所(東京都)栄養疫学・食育研究部の […]

Read More

第4回糖尿病レシピコンテスト、受賞者決まる ――最優秀賞は滋賀県立大学チームに

  • By

日本糖尿病協会が主催する「第4回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」の最終選考が10月8日、東京都内で行われ、滋賀県立大学チームのレシピ「夏のさっぱり和風フレンチ(夕食部門)」が最優秀賞に輝いた。

Read More
american dollars in the hands

成果報酬制度の活用で糖尿病やがんによる死亡率が低下――米研究

  • By

医療の質に基づいて報酬を支払うペイ・フォー・パフォーマンス(P4P)制度を用いた糖尿病治療により、糖尿病やがんによる死亡率と全死亡率が低下するとの研究結果が、米疾病対策センター(CDC)が発行する「Preventing […]

Read More
o-171006

夜勤で腹部肥満リスクが上昇する可能性――中国の研究

  • By

夜勤で働く人は腹部肥満になりやすく、心臓病や糖尿病、脳卒中を起こしやすい可能性があることを香港中文大学(中国)のM. Sun氏らが「Obesity」10月号に発表した。

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月12日配信2

夜勤で腹部肥満リスクが上昇か

  • By

夜勤で働く人は太りやすく、特に腹部肥満になりやすい可能性があることが、香港中文大学(中国、Chinese University of Hong Kong)公衆衛生・プライマリケア学部のM. Sun氏らの調査で分かった。

Read More
2HDN糖尿病ニュース10月12日配信1

「家族と楽しくゲーム感覚」で運動量は増やせる

  • By

家族で歩数目標の達成をゲーム感覚で楽しむと、得られるインセンティブが少なくても運動量が増えることが新しい研究で示された。参加者は全員白人で、一般的な米国人よりも健康で経済的にも恵まれている人が多かったが、研究を行った米ペ […]

Read More

2型糖尿病患者の心臓周囲の脂肪蓄積と血清シスタチンC値の上昇が関連――岩手医大の研究グループ

  • By

2型糖尿病患者では、心臓周囲の脂肪蓄積と腎機能マーカーとして知られる血清シスタチンC値の上昇が関連し、これらは心血管代謝リスクの上昇をもたらす可能性があると岩手医科大学糖尿病・代謝内科教授の石垣泰氏らが「PLOS ONE […]

Read More