2HDN糖尿病ニュース9月21日配信2

2型糖尿病患者は大動脈瘤になりにくい?

2型糖尿病があると、ない場合に比べて大動脈瘤と大動脈解離の長期的なリスクが有意に低く、大動脈瘤破裂後の死亡リスクも低いとする研究結果が第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、ポルトガル・リスボン)で報告された。しかし、これらの疾患リスクは低減するものの、2型糖尿病患者では動脈硬化の進展による心血管疾患リスクの方がはるかに上回るため、楽観視はできないようだ。

大動脈瘤は心臓から胸部や腹部へ走る大動脈の血管壁が弱くなり、バルーン状に膨張するもの。一方の大動脈解離は大動脈の内膜に亀裂が生じ、血液が流れ込むことで血管壁が2層に解離する。いずれも大動脈の破裂を生じうるため、時に致死的な内出血をもたらすが、発症率は10万人当たりそれぞれ5~10人、2~4人と比較的まれな疾患とされている。

これまでの研究で、2型糖尿病患者では短期的に大動脈瘤や大動脈解離になるリスクは低減することが、少なくとも20年前から知られているが、その理由は明らかにされていなかった。

そこで、スウェーデン全国糖尿病レジスター(Swedish National Diabetes Register)に所属するTarik Avdic氏らの研究グループは、1998~2015年の同レジスターに登録された2型糖尿病患者44万8,319人と年齢や性、地域をマッチさせた糖尿病がない225万1,015人の対照群のデータを比較し、2型糖尿病による大動脈瘤と大動脈解離の長期的なリスクへの影響を調べた。平均追跡期間は2型糖尿病患者群が7.0年、対照群が7.2年であった。

その結果、対照群と比べて2型糖尿病患者群では大動脈瘤になるリスクが28%、大動脈解離になるリスクは47%それぞれ低いことが分かった。また、大動脈瘤の破裂による入院から2年後までの死亡率は、対照群と比べて2型糖尿病患者群で有意に低いことも示された。

2型糖尿病患者において大動脈瘤と大動脈解離の長期的なリスクに低減がみられた理由について、Avdic氏らは、循環血液中の血糖の濃度が高まると血管壁がストレスに対して強くなり、膨張したり裂ける危険性が低くなる可能性があると考察している。

専門家の1人、米レノックス・ヒル病院血管外科の部門長を務めるDerek Brinster氏は、高血糖状態になることは動脈硬化の形成も促すことから「両刃の剣だ」と強調。2型糖尿病患者はアテローム性動脈硬化の進展により心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性が高まっており、「今回の結果を聞いて“2型糖尿病で良かった”などと患者が思わないように医師は注意すべきだ」と述べ、今回観察された2型糖尿病によるベネフィットは比較的まれな疾患に対するもので「リスク低減はごく少数に認められるだけ」と付け加えている。

なお、学会で発表された知見は、査読を受けた専門誌に掲載されるまで予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2017年9月13日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/aneurysm-news-354/upside-to-diabetes-really-isn-t-726472.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




2HDN糖尿病ニュース9月21日配信1

腹部肥満で閉経後女性のがんリスクが高まる

体重やBMIではなく、腹部肥満が閉経後女性における一部のがん発症のリスク因子になり得るとの研究結果が、欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2017、9月8~12日、スペイン・マドリッド)で報告された。

この研究は、Nordic Bioscience and ProScion(デンマーク)のLine Mærsk Staunstrup氏らが約5,900人の閉経後女性を最長で12年間追跡したもの。閉経後女性の肺がんや消化器がんのリスク因子として、体重やBMI、体脂肪率ではなく「腹部肥満」が重要であることが明らかにされた。

Staunstrup氏らによると、この結果は閉経を迎えた女性では体重管理、特に腹部肥満の予防ががんリスクの低減に肝要であることを示しており、「閉経後には、脂肪は身体の中心部にたまりやすくなることが知られており、今回の結果は高齢女性に有用な情報をもたらした。女性は閉経期が近づいてきたら生活習慣に気を配り、余分な脂肪が身体にたまらないように気をつけるべきだ」と述べている。

この研究では、デンマークの閉経後女性5,855人(平均年齢71歳)を対象に、ベースライン時に二重エネルギーX線吸収測定(dual-energy X-ray absorptiometry;DXA)法により体脂肪や体組成を測定し、12年間追跡した。

その結果、対象女性が発症したがんのうち、特に肺がんと消化器がんリスクには、「腹部肥満」が独立した予測因子となることが分かった。一方で、BMIと体脂肪率はいずれも有意ながんのリスク因子ではないことも示された。

ガリレア病院(イタリア)の腫瘍医学部長のAndrea De Censi氏は、この結果は一部のがんの発症には肥満、中でもインスリン抵抗性が深く関与していることを裏付けるものだとし、「インスリン抵抗性は、特に内臓脂肪や腹部脂肪の過剰な蓄積につながる」と指摘している。

また、Censi氏によると、インスリンはホルモンの分泌にも悪影響を及ぼしており、脂肪が過剰に蓄積すると全身で慢性炎症が引き起こされ、ある種のがん発症のリスク因子になる可能性が考えられるという。同氏は「今回のデータは、肥満患者に積極的な介入を行うきっかけとなるものだ」とし、食生活の是正や運動によって脂肪を減らすなどの対策のほか、インスリンの影響を低減するとされるメトホルミンなどの糖尿病治療薬にがん予防での有益性が期待される可能性を指摘している。

なお、学会で発表された知見は、査読を受けた専門誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2017年9月12日)

https://consumer.healthday.com/women-s-health-information-34/menopause-and-postmenopause-news-472/widening-waistlines-may-raise-women-s-cancer-risk-726431.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




肥満に関わる112カ所の遺伝的変異を新たに同定――理研ら

理化学研究所などの共同研究グループは、約17万人の日本人のゲノム解析により、肥満に影響する遺伝的変異を193カ所同定し、そのうち112カ所は新たなものだと発表した。「Nature Genetics」9月11日電子版に掲載の論文。

研究グループは、日本人約16万人の遺伝情報を用いてゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、別の日本人約1.5万人で再現性を評価。さらに欧米人約32人のGWASとのメタ解析を行った。研究では、体重調節に関わる遺伝的変異は免疫系細胞や脂肪組織に集積していることや、生まれつき太りやすい人は2型糖尿病や脳卒中、気管支喘息などに、痩せやすい人は関節リウマチや統合失調症になりやすいことも示された。(HealthDay News 2017年9月14日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




第4回「糖尿病レシピコンテスト」、最終選考進出校が決定

日本糖尿病協会が主催する「第4回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」の最終選考に参加するチームが決定した。

書類審査を通過し、実技審査に進むのは、釧路短期大学(北海道)や桐生大学(群馬県)、名古屋女子大学(愛知県)、中村学園大学(福岡県)など11校12チーム。10月8日に東京都で行われる最終選考で最優秀賞などを決める。コンテストは「おいしい、バランスの良い手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!」をテーマに、糖尿病の予備軍や患者用の朝・昼・夕食用レシピを募集した。栄養士・管理栄養士を目指す学生から過去最多を記録した前回(311件)を上回る387件(学校数で55校)の応募があった。(HealthDay News 2017年9月12日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




「1分間に思い出せる動物の名前の数」でインスリン治療の可否を判定――横浜市大の研究グループ

「1分間になるべく多くの動物の名前を思い出す」という簡単な記憶力テストの結果で、高齢の2型糖尿病患者がインスリン治療を自己管理できるかを判定できる可能性があるとする研究結果を、横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏らの研究グループが発表した。1分間に動物の名前を「11個以上」思い出せると、その患者は1週間以内は自分でインスリン治療を管理できると予測されるという。「Journal of Diabetes Investigation」8月28日電子版に掲載の論文。

対象は、インスリン治療を開始した60歳以上の2型糖尿病患者57人。対象患者にはMMSEと動物の名前や指定した頭文字で始まる名詞を1分間になるべく多く思い出す言語流暢性課題を受けてもらった。(HealthDay News 2017年9月11日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




「オキシトシン」の肥満改善作用、肥満マウスほど効果高く――福島県立医大ら

一般に「愛情ホルモン」などと呼ばれるオキシトシンには肥満改善効果があり、その効果は高脂肪食を摂取して肥満しているほど高い可能性があることを、福島県立医科大学薬理学教授の下村健寿氏らの研究グループがマウスを用いた実験で明らかにした。オキシトシンによる減量効果は、通常食を摂取した非肥満のマウスでは弱まることも分かった。「Scientific Reports」8月17日電子版に掲載の論文。

研究グループは、高脂肪食を与えた太らせたマウスと通常食を与えた非肥満のマウスを用いて、一定量のオキシトシンまたは生理食塩水を10日間投与し、性別や体重、肥満分布ごとに体重減少効果を調べた。(HealthDay News 2017年9月11日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




œp

代謝異常がなくても肥満者は心血管イベントリスクが高まる――英研究

たとえ代謝異常がなくても肥満の人は適正体重の人に比べて心血管疾患や心不全の発症リスクが高いとする研究結果が「Journal of American College of Cardiology」9月19日号に掲載された。

英バーミンガム大学のRishi Caleyachetty氏らは、18歳以上の男女350万人の医療記録(1995~2015年)を用いてBMIで分類し(低体重、適正体重、過体重、肥満)、代謝異常(糖尿病、高血圧、脂質異常症)の有無別に心血管疾患発症との関連を検討した。その結果、追跡期間中(平均5.4年)、代謝異常がない場合、適正体重者に比べて肥満者は冠動脈疾患や脳血管疾患、心不全のリスクが1.07~1.96倍となった。(HealthDay News 2017年9月12日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




4.1.1

2型糖尿病患者の急激な腎機能低下を予測する血清バイオマーカーを同定――オーストラリアの研究

2型糖尿病患の急激な腎機能低下の予測能を向上させる血清バイオマーカーを同定したと、西オーストラリア大学のKirsten E. Peters氏らが「Diabetes Care」8月29日電子版に発表した。

同氏らは、Fremantle Diabetes Study Phase IIに参加した2型糖尿病患者345人を対象にベースラインの血清バイオマーカーを測定し、急激なeGFR値の低下との関係を調べた。その結果、臨床的予測因子を調整した解析で、apoA4、CD5抗原様蛋白(CD5L)および補体C1qサブユニットB前駆体(C1QB)は急激なeGFR値の低下の独立した予測因子であり、IBP-3とともに腎機能低下の予測能を向上させることが分かった。(HealthDay News 2017年9月11日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




o-170910

睡眠時無呼吸の治療中断で血糖値が上昇――米研究

閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の治療を数日間中断すると、血糖値やストレスホルモンの血中濃度、血圧が上昇するとの研究結果が「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」9月号に掲載された。

米ジョンズ・ホプキンズ大学のJonathan Jun氏は、肥満を伴う中等症から重症のOSA患者31人を対象に、経鼻的持続陽圧呼吸(CPAP)療法を行う日とCPAP療法後に治療を2日間中断-をランダムな順番で行ってもらった。その結果、治療を中断するとOSAの再発がみられ、血糖値と脂肪酸やコルチゾールの血中濃度、収縮期血圧や全身血管の硬化度を表す指標(augmentation index)が上昇した。(HealthDay News 2017年9月7日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.




o-170909

強化降圧治療で慢性腎臓病(CKD)リスクが高まる? ――米研究

収縮期血圧(SBP)の降圧目標を120mmHg未満とする強化降圧治療により慢性腎臓病(CKD)の発症リスクは増加する一方で、心血管イベントや全死亡のリスクは低減するとの研究結果が「Annals of Internal Medicine」9月5日電子版に掲載された。

米ユタ大学のSrinivasan Beddhu氏らがSPRINT試験のサブ解析を行った結果、強化治療群と標準治療群における補正後の平均eGFR値の差は6カ月後が-3.32mL/分/1.73m2、18カ月後は-4.50mL/分/1.73m2であった。追跡期間中(3年間)における全死亡または心血管イベントの複合発生率は強化治療群が4.9%、標準治療群が7.1%であった(ハザード比0.71)。(HealthDay News 2017年9月7日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.