Woman taking blood sample for measuring sugar level

糖尿病患者を注射から開放する「パッチ型デバイス」に可能性

血糖値が上昇するとインスリン産生を促す薬剤を放出するパッチ型デバイスを皮膚に貼り付けることで、2型糖尿病患者は血糖値を測定する指先穿刺の煩わしさから解放されるだけでなく、インスリンなどの治療薬の注射も不要になる可能性のあることがマウスを用いた実験で明らかにされた。詳細は「Nature Communications」2017年11月24日オンライン版に掲載された。

研究を主導した米国立画像生物医学・生物工学研究所(NIBIB)のXiaoyuan Chen氏は「使い捨てタイプのこのパッチは痛みもなく、血糖値を1週間程度コントロールできると期待される」と述べている。ただし、今回は2型糖尿病モデルマウスでの検証に過ぎず、ヒトでも同様の効果が望めるかどうかは明らかにされていないという。

Chen氏らの研究チームが開発したパッチは、100本以上の微小なマイクロ針と血糖値を感知する化学物質を備えており、血糖値の上昇を感知するとインスリンの産生を促す薬剤「exendin-4」を血糖値が正常化するまで放出する。exendin-4はGLP-1受容体作動薬の一つで、このクラスの薬剤にはエキセナチド〔商品名:バイエッタ(1日2回皮下注)、ビデュリオン(週1回皮下注)〕のほか、デュラグルチド(同:トルリシティ、週1回皮下注)、リラグルチド(同:ビクトーザ、1日1回皮下注)がある。

研究チームは今回、1週間分のexendin-4を搭載した半インチ四方(約1.27cm四方)のパッチを糖尿病モデルマウスの皮膚に貼り付けて観察した。その結果、血糖値に応じてexendin-4が放出され、長期的に作動し、安全性も高いことが分かった。

ただし、一部のマウスにはパッチの装着部位に炎症が認められた。GLP-1受容体作動薬の副作用として悪心や嘔吐が知られているが、研究チームはこのパッチのexendin-4 の放出速度は緩やかで、こうした副作用は生じないものと予測しているという。また、開発の次なるステップは「ヒトの皮膚に適した長い針を備えたパッチを作製することだ」とChen氏は説明している。

専門家の一人、米モンテフィオーレ医療センター臨床糖尿病センター長のJoel Zonszein氏は「パッチのアイデアは良いが、薬剤はexendin-4ではなくインスリンの方が望ましいかもしれない。実用化すれば有望な治療法になる可能性があるが、ヒトに応用し、米食品医薬品局(FDA)の承認を得るまでには長い時間を要するだろう」と述べている。また、GLP-1受容体作動薬については経口薬の臨床試験が進行中であり、その結果も待たれるという。(HealthDay New 2018年1月4日)

https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/diabetes-drug-news-179/goodbye-needles-patch-might-be-the-future-for-blood-sugar-tracking-729840.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.




2HDN糖尿病ニュース1月18日配信2

2017年に飛躍的発展遂げた糖尿病治療-米専門家の見解は?

2017年は糖尿病の研究と治療が飛躍的発展を遂げた一年であった。特に進歩がみられた分野には(1)人工膵臓技術、(2)糖尿病治療薬による心血管疾患リスクの低減、(3)持続血糖測定(CGM)の進歩、(4)1型糖尿病の妊婦における血糖コントロールの改善、(5)超速効型インスリンの承認、(6)医療コストへの関心の高まり-の6つが挙げられる。これらの進歩の意義について、米国の専門家に見解を聞いた。

2017年に最も注目を集めたのは「人工膵臓の実用化」であろう。メドトロニック社による携帯型の人工膵臓デバイスには、インスリンポンプとCGMが装備され、コンピューターのアルゴリズムによってモニターした血糖値に応じてインスリン投与量を自動的に調整し、インスリン注入を行う。血糖値が下がり過ぎるとインスリンの注入を一時的に中断する機能も備えている。

操作はまだ完全に自動化されておらず、デバイスを装着した患者は食事中に含まれる炭水化物の摂取量や1日数回測定した血糖値を入力する必要があるが、若年性糖尿病研究財団(JDRF)のAaron Kowalski氏は「人工膵臓デバイスの実用化はわれわれの悲願であった。その機能は完璧ではないとしても、患者に大きな利益をもたらすものだ」と高く評価している。現在では、数十社が独自の人工膵臓システムの開発に着手しており、同氏は「競争でより革新的なデバイスが生まれる可能性がある。今後数年間の成果に期待したい」と話している。

また、2017年には糖尿病患者で懸念される心血管疾患リスクについても新しい研究結果が発表された。約400人の成人1型糖尿病患者を対象としたプラセボ対照二重盲検のランダム化比較試験(REMOVAL試験)の結果、メトホルミンの長期投与は1型糖尿病患者の心血管疾患リスクを低減することが第77回米国糖尿病学会(ADA)で発表された。ADAのChief Scientific & medical officerを務めるWilliam Cefalu氏は「心血管疾患は糖尿病合併症の中でも死に至るリスクが高く、治療コストもかかる。既にSGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬については2型糖尿病患者の心血管疾患リスクを低減したとの報告がある」と述べている。

糖尿病治療の技術革新は人工膵臓にとどまらず、米食品医薬品局(FDA)がアボット社のフラッシュグルコースモニタリングシステム「FreeStyle Libre」を承認したことも注目を集めた。このシステムでは皮膚の下に小さなセンサーワイヤーを挿入して血糖値を測定するが、患者は装置をセンサーにかざすと測定した血糖値の情報を読み取ることができる。また、このシステムでは採血のための指先の穿刺を必要としない。Kowalski氏は「CGMから常に送られる血糖測定値に精神的な負担を感じる患者もいる。FreeStyle Libreはこうした負担を軽減するほか、他のCGMよりデバイスが薄く、価格も安いといったメリットもある」と説明している。

また、CGMに関しては、1型糖尿病の妊婦を対象とした非盲検の国際的なランダム化比較試験(CONCEPTT試験)により、CGMを使用することで非使用よりも血糖目標を達成する期間が延長し、新生児アウトカムも改善することが報告されている(Lancet 2017; 390: 2347-2359)。

その他、2017年9月にFDAが承認した新しい超速効型インスリンアスパルト製剤(Fiasp®)にも期待が寄せられている。従来の超速効型インスリン製剤は吸収速度が遅く、血中に移行するまで約5~10分を要するため、食事の約10分前にインスリンを注射する必要があった。しかし、この新しい製剤は約2.5分で血中に移行し始めるため、食事開始後20分までに注射をすれば食後血糖値の上昇を抑えられる。

さらに、インスリンに関しては過去10年間で急上昇したコストが課題とされている。ADAは“Make Insulin Affordable(インスリンを手ごろな価格に)”と題したキャンペーンを開始しており、この問題への関心を高める活動を行っている。

Cefalu氏は「2017年の研究の進展で糖尿病とその合併症への理解が深まったほか、糖尿病患者が直面している経済的課題や治療へのアクセスといった面への配慮もなされるようになった」と話している。(HealthDay New 2018年1月5日)

https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/misc-diabetes-news-181/big-strides-made-in-diabetes-care-729926.html

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.




4HDN国内ニュース1月15日配信2

安静時エネルギー消費量が糖尿病妊婦の栄養療法の指標となる可能性 岡山大グループ

耐糖能が正常な日本人の妊婦は妊娠後期になると安静時エネルギー消費量(resting energy expenditure;REE)が増えるが、糖尿病のある妊婦では血糖コントロールによりこのREEの増加が抑えられている可能性のあることが、岡山大学大学院産科・婦人科学教室の衛藤英理子氏と増山寿氏(教授)らの研究グループの検討で分かった。REEは除脂肪量(fat-free mass)と強く相関することから、これらは糖尿病のある妊婦において医学的な栄養療法の指標となる可能性があるとしている。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」2017年12月27日オンライン版に掲載された。

厚生労働省は、妊婦の耐糖能が正常な場合には妊娠週数が経過するに伴って摂取エネルギー量を増やすことを推奨しているが、糖尿病のある妊婦にもこの推奨が当てはまるかどうかは結論に至っていない。

研究グループは今回、1日の消費エネルギーの70%を占め、妊娠後期になると最大で20%増加するREEと、REEとの相関が報告されている除脂肪量に着目。2013年7月~2017年6月に、同大学病院で妊娠22週以降に単胎出産した妊婦144人を耐糖能異常の有無で分けて、妊娠前期および中期、後期、産後4~5週の時点に測定したREEと身体組成を比較検討した。

対象とした妊婦のうち103人は耐糖能が正常で、41人が糖尿病患者であった(うち妊娠糖尿病が27人、妊娠中の明らかな糖尿病が3人、1型糖尿病が6人、2型糖尿病が5人)。

解析の結果、耐糖能が正常な妊婦では、REEは妊娠前期(1,461±215 kcal/日)と妊娠中期(1,491±219 kcal/日)、産後(1,419±254 kcal/日)と比べて妊娠後期(1,644±234 kcal/日)で有意に増加した。一方で、糖尿病のある妊婦では妊娠前期~後期、産後にかけてREEに有意な変化はみられなかった(各REEは1,568±404 kcal/日、1,710±251 kcal/日、1,716±251 kcal/日、1,567±249 kcal/日)。

また、血糖コントロールが不良な妊婦と比べて、血糖コントロールが良好な妊婦では妊娠期間を通してREEは低値を示した。さらに、糖尿病の有無にかかわらず、除脂肪量はREEと密接な相関関係を示した。

以上の結果から、研究グループは「糖尿病のある妊婦では、糖尿病治療により良好な血糖コントロールが得られたことで妊娠後期のREEの増加が抑えられた可能性がある。除脂肪量はREEと強く相関することから、これらは糖尿病のある妊婦において栄養療法の指標となる可能性がある」と結論づけている。(HealthDay News 2018年1月15日)

Abstract/Full Text
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jdi.12795/abstract

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.




patient helped during dialysis session in hospital

「電解水」を用いた血液透析システムで心血管合併症リスクが低減 臨床研究で効果と安全性を検証、東北大グループ

東北大学大学院附属創成応用医学研究センター特任教授の中山昌明氏らの研究グループは、水の電気分解によって生成される「電解水」を用いた新しい血液透析システムにより、通常の血液透析療法と比べて血液透析患者の全死亡と心血管合併症の複合エンドポイントの発症リスクを低減できたとする臨床研究の結果を「Scientific Reports」1月10日オンライン版に発表した。新しい透析治療を利用することで血液透析患者の心血管合併症が抑制され、患者の生存期間の延長と社会復帰を後押しするほか、医療費の抑制にも寄与する可能性があるとしている。

日本国内の慢性透析患者数は2015年末の時点で32万人に達し、今後も増加が見込まれている。一般の人と比べて透析患者の予後は不良で、特に心機能の低下による心不全や動脈硬化が進行して脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まるため、心血管合併症が死因のトップとなっている。研究グループによると、心血管合併症の原因には透析中に生じる生体内の酸化ストレスと炎症が関与する可能性が示唆されているが、これらを抑制する手段は現時点では見出されていないという。

こうした現状を鑑み、研究グループは水の電気分解によって生成される「電解水」が生体内で酸化ストレスを抑える働きに着目。透析治療への電解水の応用を目指して2006年から株式会社日本トリムと共同研究を開始し、電解水を用いた血液透析システムを開発した。

その仕組みは、水道水を活性炭濾過し、軟水化した後に電気分解装置を通して陰極側に生成された水素分子を含む水を逆浸透圧装置に導入して、溶存水素が豊富(30~100ppb含有)な血液透析液を作製する。この溶存水素は、人工腎臓を介してシャント血に移動して呼気中から排泄される(透析中の溶存水素の平均呼気中濃度は60ppm)というもの。2011年からはこの新しい透析システムを利用した5年間に及ぶ臨床研究を行った。

臨床研究では、国内7施設の慢性血液透析患者309人を対象に、非盲検オープンデザインで電解水透析群(161人)と通常の血液透析群(148人)に割り付けて、全死亡と心血管合併症(うっ血性心不全、虚血性心疾患、脳卒中、虚血による下肢切断)の発症を5年間追跡した。

平均で3.28年間の追跡期間中、透析自体の臨床的効果と安全性には両群間で違いはみられなかったが、電解水透析群では透析後の高血圧が改善し、降圧薬の服薬量も有意に減少した。

追跡期間中に心血管合併症は91件観察された(電解水透析群が41件、通常の血液透析群が50件)。多変量コックス比例ハザードモデルで年齢や心血管疾患の既往歴など複数因子を調整した解析の結果、電解水透析は心血管合併症の発症に独立して有意な影響を及ぼす因子であり、通常の血液透析群と比べて心血管合併症リスクが41%低下することが分かった(ハザード比0.59、95%信頼区間0.38~0.92)。

以上の結果を踏まえて、研究グループは「電解水を用いた新しい透析システムは、従来課題とされてきた血液透析患者の高い死亡率や心血管合併症リスクを低減させる解決手段になる可能性がある」と期待を示している。(HealthDay News 2018年1月15日)

Abstract/Full Text
http://www.nature.com/articles/s41598-017-18537-x

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.




IoTを活用した糖尿病重症化予防法の開発を目指した臨床研究を開始――国立国際医療研究センター

国立国際医療研究センター(東京都)糖尿病研究センターは「IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)」の臨床研究を開始すると発表した。

研究に参加した2型糖尿病患者には通信機能を備えた血圧計や体重体組成計、活動量計を貸与し、患者自身がスマートフォンで健康情報を管理するほか、介入群の患者はIoTを活用して健康情報を管理する七福神アプリを用いて応援メッセージなどを受け取り、血糖の改善効果を調べる。また、医師はスマホアプリを介して健康データの報告を受け取り、患者の健康状態や生活習慣を把握できるという。(HealthDay News 2018年1月11日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.




睡眠呼吸障害が糖尿病や心不全患者の血糖変動に及ぼす影響は? ――札幌医大

睡眠呼吸障害が重症化するほど血糖変動は増大するが、糖尿病や心不全の患者ではこうした関連性は減弱する可能性があると、札幌医科大学循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座の中田圭氏らが「PLOS ONE」2017年12月19日オンライン版に発表した。研究では、持続的気道陽圧法(CPAP)は睡眠呼吸障害の治療として有効だが、CPAP療法による血糖変動幅の改善効果は糖尿病や心不全により減弱することも分かった。

同氏らは、同大学病院に糖尿病および/または心不全の検査や治療目的で入院し、CGMと睡眠ポリグラフ検査を行った患者203人を対象に糖尿病の有無で分けて、血糖変動係数(MAGE)と無呼吸低呼吸指数(AHI)との関係を調べた。(HealthDay News 2018年1月9日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.




糖尿病網膜症の硝子体切除術、手術時間で術後出血リスクを予測――阪大

増殖糖尿病網膜症に対する硝子体切除術(pars plana vitrectomy;PPV)施行後、早期(術後12週まで)および1年以内の再出血リスクを予測するには、手術時間の長さが重要な因子となる可能性があると、大阪大学大学院糖尿病病態医療学寄附講座准教授の岩橋博見氏らが「Journal of Diabetes Investigation」2017年12月19日オンライン版に発表した。

同氏らは、同大学病院で増殖糖尿病網膜症による硝子体出血へのPPVを施行した患者64人(平均年齢63.2歳)の72眼を対象に後ろ向きに調査し、術後の再出血に関連する周術期の因子を探索した。(HealthDay News 2018年1月2日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.




obese woman

減量手術後30日以内の重大合併症の発生率は概ね低い――米研究

減量手術後30日以内の3大合併症の発生率は概ね低く、術式による差がみられるとの研究結果が「Obesity Reviews」12月20日オンライン版に掲載された。

米ワシントン大学セントルイス校のSu-Hsin Chang氏らは、2003~2014年に米国で行われた71件の試験(10万7,874人の患者に減量手術を施行)のデータを分析した。その結果、術後30日以内の重大合併症の発生率は吻合部縫合不全が1.15%、心筋梗塞が0.37%、肺塞栓症が1.17%であった。縫合不全は胃バイパス術よりもスリーブ状胃切除術で多く、心筋梗塞と肺塞栓症は調節性胃バンディング術やスリーブ状胃切除術よりも胃バイパス術で多かった。(HealthDay News 2018年1月4日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.




o-180103

「地中海食」と「DASH食」が最も効果的な食事療法――米国News & World Report

米国News & World Reportが発表した食事療法のランキングによると、昨年第2位の地中海食と第1位のDASH食(高血圧予防のための食事療法アプローチ)が総合第1位にランク付けされた。DASH食は8年連続第1位だった。

このランキングは、米国News & World Reportが9カテゴリー、40種類を超える食事療法をランク付けしたもの。栄養士や糖尿病・心臓病・減量の専門医などが食事療法の定着度や減量効果、心血管疾患および糖尿病への有効性などを検討した。第3位は野菜中心で時には肉や魚を食べるフレキシタリアン・ダイエット、第4位はWeight Watchers(スマホアプリ利用の民間体重管理プログラム)がランクインした。(HealthDay News 2018年1月3日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.




o-180102

長期の強化生活習慣介入で肥満合併2型糖尿病患者の脳血流量が増加――米研究

長期にわたる生活習慣への強化介入で、肥満合併2型糖尿病患者の脳血流量(CBF)が増加するとの研究結果が「Journal of the American Geriatrics Society」10月30日オンライン版に掲載された。

米ウェイクフォレスト大学のMark A. Espeland氏らは、45~76歳の過体重または肥満の2型糖尿病患者310人を対象に、減量を目的とした強化生活習慣介入群と糖尿病教育を行う対照群にランダムに割り付けて8~11年間観察した。ランダム化から平均10.4年後に脳MRI検査を行った結果、対照群と比べて強化介入群では全体のCBFが平均で6%多く、強化介入群では減量幅や運動量が大きいほどCBFが増加した。(HealthDay News 2017年12月27日)

Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.