Senior man standing reminiscing as he stares out of a window with a faraway expression as he recalls nostalgic old memories

独身男性は脳卒中後の施設入居率が3倍

日常生活で世話をしてくれる人がいない独身男性は、世話をしてくれる人がいる男性と比べて脳卒中後に介護施設に入居する確率が約3倍に上ることが米国の研究で明らかになった。女性の場合は同様の状況でも介護施設への入居率は男性ほど高くないことも分かったという。詳細は「Journal of the American Geriatrics Society」10月26日オンライン版に掲載された。

この研究は米アラバマ大学のJustin Blackburn氏らが実施したもの。同氏らは今回、2003~2013年に実施された調査の参加者のうち、脳卒中の既往歴がある65~100歳の男女560人のデータを分析した。このうち68人が1年以内、119人が5年以内に介護施設に入居していた。

交絡因子で調整して解析した結果、日常生活で世話をしてくれる人がいる人と比べ、いない人では脳卒中を発症後1年以内および5年以内に介護施設に入居するリスクがいずれも約1.7倍であることが示された。また、5年以内の同リスクは世話をする人がいる男性と比べていない男性で3.15倍に上っていたが、女性では37%のリスク増大にとどまっていた。

このほか、年収が5万ドル(約560万円)以上の人と比べ、2万ドル(約225万円)未満の人では介護施設への入居率が高いことなども明らかになった。

Blackburn氏らによると、米国人は施設に入居するよりも家族のサポートを受けながら自宅で生活し続けることを希望する人が多く、7割超が「障害があっても自宅での生活を続けたい」としているのに対し、介護施設への入居を希望している人は3割に満たないという。しかし、希望に反して脳卒中後に介護施設に入居する男性が多いのは、一般的に女性と比べて男性は身の回りのことを自分でする能力が低いためではないかと同氏らは指摘している。

米ノースウェル・ヘルスのMaria Torroella Carney氏もこれに同意し、「伝統的な男女の役割がこの結果に影響している可能性がある」との考えを示している。その上で「女性は自分が介護者になる可能性も高いため、介護の役割と重要性を理解しているが、男性はそれを認識していないことが多い。しかし、男女を問わず脳卒中などの疾患に備えることは重要だ。特に高齢の独身男性が脳卒中を発症した場合、その後どのように自立した生活を送ることができるかについて事前に話し合う機会があると、脳卒中後の人生が違ったものになるだろう」と話している。(HealthDay News 2017年11月3日)

https://consumer.healthday.com/caregiving-information-6/nursing-homes-and-elder-care-health-news-501/nursing-home-often-only-option-for-single-men-after-stroke-728124.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




Cholesterol plaque in artery

HDL-C値の低下と心筋梗塞、脳卒中との関係は? 多目的コホート研究から

血中のHDL-コレステロール(HDL-C)値が低下すると男女ともに心筋梗塞やラクナ梗塞の発症リスクが高まる可能性があることを国立がん研究センターなどの多目的コホート研究(JPHC Study)グループが発表した。ただし、女性ではHDL-C値の上昇や低下による脳卒中全体のリスクへの影響はみられなかったほか、HDL-C値が高いほど脳出血リスクは高まることも示されており、研究グループはさらなる検討の必要性を指摘している。詳細は「Atherosclerosis」10月号に掲載された。

これまでの研究で、善玉コレステロールとして知られるHDL-C値が低下するほど心筋梗塞などの虚血性心疾患リスクは高まることが報告されている。しかし、日本人では女性を対象とした研究が少なく、HDL-C値と脳卒中の関連については国内外で一致した見解が得られていなかった。そこで研究グループは今回、JPHC研究に参加した一般住民を前向きに15年間追跡したデータを元に、HDL-C値と虚血性心疾患および脳卒中の発症との関連を調べた。

対象は、1993年および1995年に虚血性心疾患や脳卒中の既往がない40~69歳の住民3万736人。HDL-C値を男女別に五分位に分けて、喫煙や飲酒などリスク因子を調整した後、HDL-C値が最も高い群を基準として虚血性心疾患と脳卒中の発症リスクを比較した。

その結果、虚血性心疾患の発症リスクは、男性ではHDL-C値が最も高い群と比べて最も低い群で1.85倍に有意に増加した(P=0.02)。女性でも同程度のリスク増加が認められたが、有意ではなく増加傾向にとどまっていた(P=0.07)。また、脳卒中の発症リスクについては、男性ではHDL-C最高値群と比べて最低値群で1.29倍に有意に高まっていたのに対し(P=0.03)、女性ではHDL-C値との関連はみられなかった。

さらに、CT検査画像に基づいて脳卒中をサブタイプ(くも膜下出血、脳出血、ラクナ梗塞および皮質枝系脳梗塞、脳塞栓)で分けてHDL-C値との関連を調べたところ、このうちラクナ梗塞の発症リスクは、HDL-C最高値群と比べて最低値群では男性が1.63倍、女性が1.97倍に増加していた。しかし、女性ではHDL-C値が高いほど脳出血の発症リスクが有意に高まることも明らかにされた。

ラクナ梗塞は、脳の奥深くにある直径0.2~0.3mm程度の細い血管が詰まる小梗塞で、日本人が発症する脳梗塞で最も頻度が高いとされる。研究グループによると、これまでラクナ梗塞の原因となる細い血管の血栓形成にはHDL-C値は関与しないものと考えられてきた。しかし今回の研究ではHDL-C値が低いほどラクナ梗塞の発症リスクが増加するとの結果が得られており、HDL-Cには太い動脈だけでなく細い動脈でも血栓形成の予防に働く可能性が示唆されたとしている。

また、女性ではHDL-C値が低いと脳出血リスクが低下したことについては、研究グループはHDL-Cによる血小板機能の影響が考えられると考察している。しかし、HDL-Cと循環器疾患の発症との関係は十分には解明されておらず、今後のさらなる研究が必要だと付け加えている。(HealthDay News 2017年10月30日)

Full Text
http://www.nature.com/tp/journal/v7/n9/full/tp2017206a.html?foxtrotcallback=true

Press Release
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/7983.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




血管性認知症について知ろう

血管性認知症は、アルツハイマー病に次いでよくみられる認知症です。脳卒中の後に生じるものが典型的ですが、その他の原因でも起こることがあります。

血管性認知症には主に以下の3種類があります。

・多発梗塞性認知症 — 小さな脳卒中を繰り返し、脳細胞が損傷されることにより生じます。
・皮質下梗塞および白質病変を伴う遺伝性血管性認知症(CADASIL) — 遺伝性の疾患で、血管の壁が肥厚し、最終的に脳への血流が妨げられることにより生じます。
・皮質下血管性認知症(Binswanger病など) — まれな型の疾患で、白質を構成する小血管および神経線維が広範囲に損傷されます。白質は脳の各部位のメッセージを中継する役割を担うと考えられています。

情報元:米国立老化研究所(NIA)(HealthDay News 2017年10月12日)

https://consumer.healthday.com/cardiovascular-health-information-20/heart-stroke-related-stroke-353/health-tip-identifying-vascular-dementia-726990.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




脳の健康を維持するために

脳はあらゆる行動を司っているため、脳が健康であれば、長く健康的に生きることができます。

脳を活発に健康に保つためのヒントを以下に紹介します。

・よく運動しましょう。
・健康的な食事を取りましょう。
・適正体重を維持しましょう。
・コレステロール値を管理しましょう。
・正常な血糖値を保ちましょう。
・たばこは止めましょう。

情報元:米国心臓協会(AHA)(HealthDay News 2017年9月25日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/brain-health-news-80/health-tip-healthy-brain-suggestions-726565.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




1-1 HDN10月5日「今日のニュース」No.1

迷走神経刺激法で15年間の植物状態から回復

交通事故による脳損傷で15年間植物状態にあった35歳の男性が、神経を刺激する治療によって意識を取り戻したことが明らかになった。マルク・ジャンヌロー認知科学研究所(フランス)のAngela Sirigu氏らがこの男性患者に迷走神経刺激法(VNS)と呼ばれる治療を実施したところ、患者の注意力や身体を動かす能力、脳活動に改善がみられ、植物状態から「最小意識状態」へと回復したという。詳細は「Current Biology」9月25日号に掲載された。

今回、Sirigu氏らは男性患者の胸部に神経刺激装置を植え込み、繰り返し電気刺激を送るVNSによる治療を1カ月間にわたって実施した。その結果、この男性患者は対象物を目で追ったり、頭の向きを変えたりするなど、簡単な指示に反応するようになった。また、読み聞かせをすると、その間は覚醒状態を維持できるようになったほか、誰かが急に近づくと驚きを示すなど、脅威に反応する様子もみられた。さらに、脳波の検査を実施した結果、「シータ波」と呼ばれる脳波が増大していることが判明した。このことは、脳の修復がまだ可能であることを意味するという。

Sirigu氏らによると、植物状態になった患者が自然に回復することはまれだという。なお、植物状態の患者は昏睡状態の患者とは異なり目を覚ますことはあるが、昏睡状態と同様、自分自身や周囲の状況を認識していない状態が続く。一方、最小意識状態では自分自身や周囲の状況を部分的に認識し、簡単な指示に反応することができる。

VNSは長年、てんかんやうつ病の治療に用いられてきた。Sirigu氏らは今回、植物状態の患者にVNSを試みるに当たって、偶然の可能性を排除するために長期間改善の兆しがみられない患者を対象に選んだという。同氏は「これまでの動物実験の結果を考慮すると、今回の結果は意外なものではなかった」と振り返り、「VNS後にみられた変化が、植物状態から最小意識状態へと自然に移行した患者で認められている変化と一致していたことに安堵した」と話している。

米ダートマス大学のJames Bernat氏は、今回の報告について「一部の意識障害患者にVNSが有効であることが示唆された」と評価する一方、「どのような患者がこの治療に反応するのかを明らかにするには、さらに研究を重ねる必要がある」と指摘。「植物状態も最小意識状態も、その程度や種類、脳損傷部位はさまざまであるため、今回の結果を全ての患者に当てはめることは難しい」としている。(HealthDay News 2017年9月25日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/brain-health-news-80/nerve-stimulation-pulls-patient-from-15-year-vegetative-state-726853.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




1-1 HDN9月28日「今日のニュース」No.1

レディー・ガガも苦しむ線維筋痛症の実態

先日、米国の人気歌手レディー・ガガが線維筋痛症に苦しんできたことをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で明らかにした。線維筋痛症に伴う慢性疼痛などの症状を理由に、予定されていた欧州ツアーの延期も決定されている。今回のレディー・ガガのニュースをきっかけに、まだ十分解明されていないこの疾患への関心が高まっている。

線維筋痛症を発症すると、身体の広い範囲で疼痛が持続し、疲労や睡眠の質の低下、記憶力や集中力の低下などがもたらされることもある。また、光や音への過敏性や不安、抑うつなどの精神症状を伴う場合もある。米ミシガン大学麻酔科学・リウマチ学・精神科学教授のDaniel Clauw氏によると、線維筋痛症でみられる疼痛や障害は、他のどの慢性疼痛を伴う疾患よりも深刻であることが多いという。

これまで、線維筋痛症に関する研究を主導した経験を持つ米マサチューセッツ総合病院統合疼痛神経画像センターのMarco Loggia氏も、「研究を通じて出会った患者のほとんどが、この疾患によって大きな打撃を受けている。重い症状のため、仕事をしたり、通常の社会生活を送ったりすることが難しい患者もいた」と振り返る。

線維筋痛症はまれな疾患ではない。米国の非営利団体である全米線維筋痛症・慢性疼痛協会(NFMCPA)によると、この疾患の有病率は世界で4%と推定されており、米国には500万~1000万人の患者がいるという。患者の約80%が女性で、小児期に発症することもあるが、中年期に診断される場合が多い。

その原因について、米国立関節炎・骨格筋・皮膚疾患研究所は「現時点では明確には分かっていない」としている。ただ、一部の専門家は、線維筋痛症の発症には交通事故などの外傷を伴う出来事や複数回にわたる負傷の経験のほか、中枢神経系の障害、遺伝的素因などが関与しているのではないかとの見方を示している。

さらにLoggia氏らによると、米国とドイツの研究グループが最近、一部の線維筋痛症患者では末梢の小径神経線維に異常があることが示唆されたと報告している。また同氏の研究グループも、線維筋痛症患者の多くが苦しんでいる慢性背部痛には脳の炎症が関与している可能性があることを突き止めたという。

ただ、原因がはっきりとしていないために「線維筋痛症の痛みは気のせいだ」と信じている人も多いのが現状だ。Loggia氏は「以前から線維筋痛症患者は疑念や偏見の目を向けられがちで、患者のケアに当たるべき立場にある医師でさえ、そのような態度をとる者がいた。現在も『線維筋痛症患者の痛みは気のせいで、本当の痛みではない』とみなされることは珍しくない」と指摘する。しかし、MRIなどの脳画像検査による研究では、線維筋痛症患者が経験する痛みへの過敏性は実際に存在することが確認されているという。

線維筋痛症に対する治療法としては、疼痛コントロールを目的にオピオイドによる治療やヨガ、認知行動療法(CBT)などが行われているが、いずれも治癒を導くことはほとんどない。Clauw氏は「線維筋痛症患者が今、一番必要としているのは、より効果的な治療法だ」と強調する。

今回のレディー・ガガのニュースを受け、Loggia氏は「線維筋痛症患者の多くは診断されないまま症状に苦しんでいるが、レディー・ガガの場合、若いうちに診断されたのは幸いだった。彼女はレディー・ガガだから線維筋痛症であることを早期に認識してもらえ、より適切な治療を受けることができた。しかし、彼女とは置かれた環境が異なる多くの患者にとっては、診察に応じ、真剣に対処してくれる医師を見つけることさえ困難なのが現状だろう」とコメントしている。(HealthDay News 2017年9月21日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/fibromyalgia-news-310/lady-gaga-s-fibromyalgia-puts-illness-in-the-spotlight-726759.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




4.1.1

「嗅覚の衰え」あるとパーキンソン病リスク5倍に

嗅覚の減退がパーキンソン病の前兆である可能性を示した後ろ向き研究の結果が「Neurology」9月6日オンライン版に掲載された。この研究では、米国の高齢者約2,500人を約10年間追跡した結果、嗅覚検査の成績が不良だった群では、最も良好だった群と比べてパーキンソン病を発症するリスクが約5倍に上ることが示されたという。

今回の研究を実施したのは、米ミシガン州立大学医学部疫学・生物統計学教授のHonglei Chen氏ら。同氏らは、平均年齢が約75歳の男女2,462人(白人1,510人、黒人952人)を平均9.8年間追跡した。研究対象者は1999~2000年に、一般的な食品や日用品など12種類のにおいを嗅ぎ、何のにおいかを回答する嗅覚検査を受けていた。同氏らはこの検査結果に基づき、対象者を嗅覚のレベルが「不良」「中等度」「良好」の3群に分類した。

追跡期間中に42人がパーキンソン病を発症したが、解析の結果、嗅覚のレベルが不良だった群では、良好だった群と比べてパーキンソン病を発症するリスクが4.8倍であることが分かった。また、このような関連は喫煙やコーヒー摂取、頭部外傷の既往など、パーキンソン病リスクに影響しうる他の因子で調整後も認められた。さらに、このような関連は黒人よりも白人で、また女性よりも男性で強く認められた。

Chen氏は「視覚障害や聴覚障害と違い、嗅覚障害は長い間気付かれないまま放置されることが多い。しかし、パーキンソン病や認知症といった根治療法のない神経変性疾患の患者では、これらの疾患を発症する何年も前から嗅覚障害がみられる可能性が高いことが、これまでの研究で示唆されている」と説明している。

ただし同氏は「パーキンソン病は極めてまれな疾患であり、嗅覚障害がある患者の全てがパーキンソン病を発症するわけではない」と強調。その上で、「嗅覚障害に関する研究を重ねることによって、深刻な疾患であるパーキンソン病を発症するリスクが高い人の特定や、診断可能となる前の段階からの発症機序を解明する手掛かりが得られる可能性がある」と話している。(HealthDay News 2017年9月6日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/parkinson-s-news-526/why-your-nose-may-be-key-to-parkinson-s-risk-726289.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




4.1.1

「あくびが伝染する理由」に新たな手がかり

疲れているわけではないのに、近くにいる人があくびをすると自分もあくびをしてしまうのはなぜだろうか。その手がかりとなる研究結果が、「Current Biology」8月31日オンライン版に掲載された。この研究では、あくびの“伝染”を引き起こしているのは、脳の「一次運動野」と呼ばれる運動機能を司る領域である可能性が示されたという。

今回の研究を実施したのは、英ノッティンガム大学認知神経科学教授のStephen Jackson氏ら。成人36人に「あくびをしたくなっても我慢する」または「あくびをしたければしてもよい」のいずれかを指示した上で、人があくびをするビデオを見てもらった。また、この間、参加者の様子をビデオ撮影し、口を開けてあくびをする回数と、あくびをかみ殺す回数を測定した。さらに、経頭蓋磁気刺激(TMS)を用いて参加者の脳の運動野における興奮性を測定した。

その結果、ビデオで人があくびするのを見た際にあくびを我慢することは難しく、我慢するように言われるとあくびへの衝動が強まることが明らかになった。また、あくびの伝染のしやすさは人によって異なること、このような現象は一次運動野での興奮性と生理学的な抑制に起因している可能性が示唆されたという。

あくびの伝染は、反響現象(Echophenomena)の1つと考えられている。反響現象とは相手の言葉や行動を、無意識のうちに真似することで、人間だけでなくチンパンジーやイヌでも見られるという。

また、反響現象はてんかんや認知症、自閉症、トゥレット症候群など、皮質の興奮性や生理学的抑制との関連が指摘されている病態にもみられる。そのため、これらの病態の理解を深める上でも、今回の研究結果は重要だとJackson氏は言う。なお、同氏らは現在、トゥレット症候群の患者の運動野での興奮性を抑えるとチック症状を軽減できるかどうかについて研究を進めているという。(HealthDay News 2017年8月31日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/brain-health-news-80/new-clues-to-why-yawns-are-contagious-726036.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




脳震盪の症状を知る

脳震盪は、頭部に急な衝撃を受けることによる脳の損傷です。頭部と脳が急速に前後に動くことにより、脳内の化学物質に変化が生じます。

脳震盪を起こしているかどうかを判断するのは難しい場合がありますが、主に以下のような症状がみられます。

・けいれんや発作
・眠気や傾眠
・頭痛が徐々に悪化し、消失しない
・脱力感、無感覚、協調障害
・繰り返す嘔吐や吐き気
・錯乱
・発語が不明瞭
・意識喪失

情報元:米国立医学図書館(NLM)(HealthDay News 2017年8月28日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/concussions-news-733/health-tip-identify-symptoms-of-a-concussion-725636.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.




Senior Man Relaxing In Bed

夢を見ない高齢者は認知症リスクが高い?

睡眠中は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」を繰り返すが、このうち身体は休息しているが脳は覚醒していて急速に眼球が動いているレム睡眠の状態では夢を見やすい。このレム睡眠の時間が短いと、その後認知症を発症するリスクが高まることが、スウィンバーン工科大学(オーストラリア)のMatthew Pase氏らによる研究で示唆された。詳細は「Neurology」8月23日オンライン版に掲載された。

研究の対象は、1995年から1998年にかけてフラミンガム心臓研究に参加した60歳以上の男女321人(平均年齢67歳、男性が50%)。自宅でポリソムノグラフィ検査により睡眠パターンを測定し、最長で19年間(平均12年間)追跡した。

その結果、32人が認知症を発症した。このうち24人はアルツハイマー病だった。年齢と性で調整して解析した結果、睡眠時間にレム睡眠時間が占める割合が1%低下するごとに、認知症リスクが9%高まることが示された。また、レム睡眠の状態になるまで時間がかかることも、認知症リスクの上昇に関連していた。さらに、レム睡眠時間の割合やレム睡眠の状態になるまでの時間と認知症リスクとの関連は、心血管のリスク因子や抑うつ症状、薬剤の使用などで調整後も認められた。

一方、ノンレム睡眠の状態と認知症リスクとの間には関連は認められなかったとしている。

Pase氏は「この研究では(レム睡眠と認知症リスクとの間の)因果関係について検証したわけではない。今回は関連が認められたに過ぎない」と強調。その上で、「レム睡眠の時間が長いことは、認知症によってダメージを受けやすい脳内での情報伝達に保護的に働くのかもしれない」との見方を示している。ただし、レム睡眠時間の短縮は、独立した認知症のリスク因子である慢性的なストレスや未診断の睡眠障害に起因している可能性もあると付け加えている。

一方、米ニューヨーク大学(NYU)ランゴン医療センター精神医学のRicardo Osorio氏は、レム睡眠による認知症リスクへの影響について理解することは、ヒトが何のためにレム睡眠の状態を経験するのかが現時点でははっきりと分かっていないため難しいことを指摘。その上で、「これまでの睡眠と認知症との関連を検討した研究のほとんどは、レム睡眠ではなく、より深い睡眠状態による影響に注目したものだった。今回の研究は、レム睡眠も脳の機能に重要な睡眠状態であることを浮き彫りにした。レム睡眠時の神経活動は記憶の固定やアルツハイマー病の発症を抑制する上で重要なのかもしれない」と話している。(HealthDay News 2017年8月23日)

https://consumer.healthday.com/sleep-disorder-information-33/misc-sleep-problems-news-626/do-fewer-nightly-dreams-mean-higher-dementia-risk-in-seniors-725805.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.