image_print
1HDN7月12日「パッケージニュース」No.3

座りすぎで死亡リスクが上昇する14の疾患

普段の生活の中で、座って過ごす時間が1日当たり6時間以上の人では、3時間未満の人と比べて早期死亡リスクが19%高いことを示した研究結果が「American Journal of Epidemiology」6月26日オンラ […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース7月12日配信2

腎臓病の「世界的流行」に専門家が警鐘

腎臓病の患者数は世界で8億5000万人に達すると推計され、腎臓病はいまや世界的に流行していると専門家が警鐘を鳴らしている。推計によれば、この数字は糖尿病患者(4億2200万人)の約2倍、がん患者(4200万人)やHIV/ […]

Read More
€~

「尿中糖鎖」が2型糖尿病患者の腎予後予測に有用か 岡山大など

尿中の糖鎖排泄量が、2型糖尿病患者の腎機能低下を予測する指標として有用な可能性があることを、岡山大学大学院腎・免疫・内分泌代謝内科学教授の和田淳氏と三瀬広記氏らの研究グループが突き止めた。糖尿病患者の腎機能の悪化に、尿中 […]

Read More
1HDN6月21日「パッケージニュース」No. 3

新たな遺伝子検査で前立腺がんリスクの予測能が向上

英がん研究所(ICR)などの国際共同研究グループは、前立腺がんを発症するリスクが高い男性をより正確に特定できる遺伝子検査を開発したと「Nature Genetics」6月11日オンライン版に発表した。この検査は、これまで […]

Read More
1HDN「パッケージニュース」5月24日No. 1

一部の抗菌薬で腎結石リスク上昇か

もし、自分の子どもが抗菌薬を服用しているなら、腎結石の徴候に気を付けた方がよいかもしれない。米ペンシルベニア大学ペレルマン医科大学院泌尿器・疫学科助教のGregory Tasian氏らの研究によって、一般的に処方されてい […]

Read More
1-1 HDN5月7日「パッケージニュース」No.3

負傷した兵士に対する世界初の陰茎と陰嚢の移植術が成功

アフガニスタンで負傷した兵士に対し、世界初となる陰茎と陰嚢の完全移植手術が米ジョンズ・ホプキンス大学で実施されたことが明らかになった。手術チームの一員で同大学形成再建外科教授のW. P. Andrew Lee氏は「今回の […]

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

保存期CKD患者のサルコペニアにループ利尿薬が関連か 日本人患者260人のデータを解析、東京医歯大

透析導入前の日本人の保存期慢性腎臓病(CKD)患者では4人に1人にサルコペニアの合併がみられ、こうした合併リスクにはCKD患者でよく用いられる利尿薬、特にループ利尿薬の使用が関連している可能性のあることが、東京医科歯科大 […]

Read More
4HDN国内ニュース2月26日配信2

進行したCKD合併高血圧患者の予後がARBベースの降圧治療で改善 ATTEMPT-CVD研究の事後解析

進行した慢性腎臓病(CKD)を合併した高血圧患者では、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)をベースとした降圧治療により心血管疾患や腎機能の悪化が抑制され、予後が改善する可能性のあることが熊本大学大学院生体機能薬理学教 […]

Read More
4HDN国内ニュース2月13日配信2

PPI使用は糖尿病患者の腎機能低下と関連しない 日本人患者約3,800人を解析

日本人の糖尿病患者において、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用はアルブミン尿の発症や進展、推算糸球体濾過量(eGFR)の低下といった腎機能の低下と関連しない可能性があると、天理よろづ相談所病院(奈良県)内分泌内科部長の […]

Read More
Kidney

尿蛋白正常の慢性腎臓病は腎障害が進行しにくい可能性 東京医歯大グループ

尿試験紙検査で尿蛋白が正常の慢性腎臓病(CKD)患者は腎障害が進行しにくい可能性があると、東京医科歯科大学腎臓内科の飯盛聡一郎氏らが「PLOS ONE」1月17日オンライン版に発表した。尿蛋白正常のCKD患者は、CKD病 […]

Read More