image_print
1-1 HDN9月14日「今日のニュース」No.2

「PSA検診で死亡リスク低下」新たな解析結果

  • By

前立腺特異抗原(PSA)の血液検査による前立腺がん検診の必要性については賛否両論があり、議論が続いている。こうした中、その議論の発端となった2件の大規模研究のデータを新たに解析した結果が「Annals of Intern […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース9月7日配信1

腎機能の低下で心房細動リスクが高まる?

  • By

腎機能が低下するほど、心臓のリズム(拍動)に乱れが生じ、時に致死的となる心房細動を発症するリスクが高まる可能性のあることが「Clinical Journal of the American Society of Neph […]

Read More
Model human kidney cross section inside

「傍尿細管基底膜滲出性病変」は糖尿病腎症の有用な腎予後因子 日本人2型糖尿病患者で検討

  • By

傍尿細管基底膜滲出性病変(paratubular basement membrane insudative lesions;PTBMIL)は腎生検で糖尿病腎症と診断された2型糖尿病患者における有用な腎予後因子である可能性 […]

Read More
4.1.1

陰毛の処理に起因する負傷は想像以上に多い

  • By

陰毛の処理に起因する負傷は想像以上に多いことが、「JAMA Dermatology」8月16日オンライン版に掲載の研究で明らかになった。陰毛の処理をする人の4分の1以上は、切り傷、熱傷、発疹などを経験していた。研究を率い […]

Read More
Kidney

「腎細動脈硝子化」所見は糖尿病性腎症早期のアルブミン尿増加およびGFR低下を予測する 北里大の研究グループ

  • By

腎病理所見の1つである腎細動脈硝子化(arteriolar hyalinosis)の重症度は、正常~微量アルブミン尿期の日本人2型糖尿病患者において、尿中アルブミン排泄量(UAE)の増加と糸球体濾過量(GFR)低下の予測 […]

Read More
4HDN国内ニュース8月7日配信1

2型糖尿病患者の腎症リスク、正確な評価には血圧手帳よりも血圧計の記録値を

  • By

2型糖尿病患者が家庭血圧計で血圧を測定後に血圧手帳に記録した報告値は、血圧計が記録した測定値に比べて正確性に欠けており、その血圧変動はアルブミン尿と関連しない可能性のあることが、京都府立医科大学大学院内分泌・代謝内科学教 […]

Read More
1-1 HDN8月3日「今日のニュース」No.2

陰茎の包皮内の細菌が男性のHIV感染リスクに関連

  • By

割礼(包皮切除)を受けていない異性愛者の男性では、陰茎の包皮内に生息する細菌がHIV感染リスクの上昇に関連している可能性のあることが初めて明らかにされ、研究報告が「mBio」7月25日号に掲載された。アフリカ人男性を対象 […]

Read More
4.1.1

欧米人男性の精子数は減少し続けている

  • By

欧米人男性の精液に含まれる精子数は約40年間でほぼ半減したことが、米マウントサイナイ・アイカーン医科大学環境医学教授のShanna Swan氏らによる研究で明らかになった。

Read More
Illustration of Human Internal Kidney Anatomy

拡散テンソル画像MRIで腎臓線維化の画像化に成功 糖尿病腎症モデルラットで、阪大の研究グループ

  • By

大阪大学大学院先端移植基盤医療学准教授の貝森淳哉氏と先端移植基盤医療学教授の高原史郎氏らの研究グループは、拡散テンソル画像(diffusion tensor imaging;DTI)と呼ばれる拡散MRIの一手法を用いて、 […]

Read More