image_print
1HDN5月17日「パッケージニュース」No. 1

同時多発テロのビル崩壊現場の救助隊員にがんリスク増大

2001年の米同時多発テロが起こったときに世界貿易センター(WTC)ビル崩壊現場で対応にあたった救助隊員の多くは、今や自らが生き残るための私的な闘いと向き合っている。ビル崩壊現場で救助活動をしたニューヨーク市消防署員は、 […]

Read More
1-1HDN5月10日「パッケージニュース」No.2

がん偽陽性の検査結果で検診受診率が上昇

がんに対する不安は検診の受診率を上昇させる可能性があることが、新たな研究で明らかになった。乳がんまたは前立腺がんの検査で偽陽性だった人は、その後の乳がんおよび大腸がんの検診ガイドラインを遵守する確率が高いことが分かった。 […]

Read More
4.1.1

タトゥーでがんを発見? 動物実験で有望性示す

タトゥーを入れる目的は芸術表現や忠誠心、愛情の表現など人によってさまざまだろう。将来、そうした目的の一つに疾患の発見が加わる日が来るかもしれない。スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス)のMartin Fusseneg […]

Read More
1-1 HDN4月26日「パッケージニュース」No.1

ある種の降圧薬で女性の膵がんリスク上昇か

高血圧治療に使用されている短時間作用型カルシウム(Ca)拮抗薬が、閉経後女性の膵がんリスクを増大させる可能性があることが、米ベイラー医科大学のZhensheng Wang氏らによる研究から明らかになった。同薬を3年以上使 […]

Read More
4.1.1

がん治療薬、「軽い朝食とともに服用」で減量可能か

米国では、前立腺がんの治療でアビラテロン酢酸エステル(商品名ザイティガ)を使用すると、1カ月当たりの治療費は約1万ドル(約106万円)に上る。しかし、軽い朝食とともにザイティガを服用すれば、使用量を減らし、治療費を節減で […]

Read More
1-1 HDN3月29日「今日のニュース」No.1

タミフルと小児の自殺リスク、関連認められず

1~18歳の小児がインフルエンザ治療薬のオセルタミビル(商品名タミフル)を使用しても自殺リスクは上昇しないことが、米イリノイ大学シカゴ校(UIC)のJames Antoon氏らの研究から明らかになった。この研究結果は「A […]

Read More
1-1 HDN3月26日「今日のニュース」No.1

大腸内視鏡検査で死亡リスク減、大規模研究で確認

大腸内視鏡検査は多くの人の命を救うことが大規模研究で確認された。米リチャード・L・ルードブッシュ退役軍人(VA)医療センターのCharles Kahi氏らがVA医療システムの患者約2万5,000人のデータを用いて症例対照 […]

Read More
1-1 HDN3月22日「今日のニュース」No.1

がん治療薬の「経済的毒性」で米大統領諮問委が提言

がん治療は近年、目覚ましい進歩を遂げたが、その一方で多くの新薬の価格が高騰した。米大統領がん諮問委員会は3月13日に発表した報告書 「Promoting Value, Affordability, and Innovat […]

Read More

精神面でもがんを乗り切る

がんを経験した後、精神面の問題によって情緒、集中力、行動、記憶力などに影響が出てくることがあります。

Read More
4.1.1

葉巻やパイプも死亡リスクを高める

一般的なたばこ製品といえば紙巻きたばこを指すが、近年その有害性を示す研究結果が相次いで報告されている。しかし、紙巻きたばこと比べれば葉巻(シガー)やパイプのたばこの方が安全だと考えているなら、そのような認識は改めた方が良 […]

Read More