image_print
1HDN9月18日「パッケージニュース」No.1

世界成人14億人に運動不足による疾患リスク、WHO調査

世界で成人の4人に1人が運動不足による疾患リスクに直面しているとみられることが、世界保健機関(WHO)の研究チームの調査で明らかになった。14億人を超える成人が座りがちな生活による運動不足が原因で心疾患や糖尿病、認知症、 […]

Read More
1HDN9月10日「パッケージニュース」No.1

10代後半の飲酒で高悪性度の前立腺がんリスク増

10歳代の後半に1日1杯以上の飲酒をしていた男性は、全く飲酒をしなかった男性に比べて後に悪性度の高い前立腺がんになりやすいことが、新たな研究で示唆された。また、生涯の飲酒量が多いことも前立腺がんリスクの上昇と関連すること […]

Read More
1HDN9月3日「パッケージニュース」No.2

脳腫瘍の放射線治療が小児の記憶に及ぼす影響は?

髄芽腫と呼ばれる小児の脳腫瘍に対する放射線治療は記憶に影響する可能性があり、その仕組みの一端を解明したと、米ベイラー大学心理学・神経科学のMelanie Sekeres氏らが「JNeurosci」8月20日オンライン版に […]

Read More
1HDN8月30日「パッケージニュース」No.1

がん臨床試験で患者の生存率に地域格差みられず

がん患者の生存率にみられる地域格差は、治療の質の差が原因で生じている可能性のあることが、がん臨床試験データをレビューした新たな研究で示唆された。この研究によれば、臨床試験に参加し、均一な治療を受けられる環境では、都市部に […]

Read More
1HDN8月20日「パッケージニュース」No.4

HPVワクチンは推奨年齢以降のキャッチアップ接種も有効

米国では11~12歳の女児に対してヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種が推奨されているが、推奨年齢でワクチンを接種しなかった14~20歳の女児や女性に対する「キャッチアップ接種」の有効性を示した研究結果が「Th […]

Read More
1HDN8月9日「パッケージニュース」No.1

検査キットの郵送で大腸がん検診の受診率が向上

大腸がんの早期発見には便潜血検査などによる検診を受診し、適切なフォローアップを受ける必要があるが、その受診率は十分に高いとはいえない。今回、米ノースカロライナ大学包括的がんセンターのAlison Brenner氏らがメデ […]

Read More
1HDN8月2日「パッケージニュース」No.1

人工甘味料入り飲料の摂取で結腸がん再発リスク減

1,000人を超える進行した結腸がん患者を対象に追跡した結果、人工甘味料入り飲料を習慣的に飲む結腸がん患者は、再発リスクやがんによる死亡リスクが低い可能性のあることが、新たな研究で示された。これらのリスクを抑えるには、砂 […]

Read More
2HDN糖尿病ニュース8月2日配信2

糖尿病患者のがんリスクは男性よりも女性で高い?

糖尿病患者では一部のがんリスクが上昇することが知られている。今回、そのリスクは男性よりも女性の方が高い可能性のあることが、シドニー大学ジョージ国際保健研究所(The George Institute for Global […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.2

「便潜血陽性」は大腸がん以外の疾患の徴候?

大腸がん検診では、便に血が混じっていないかを調べる便潜血検査が広く行われている。今回、新たな研究で、便潜血反応が陽性であると大腸がん以外にも深刻な疾患が隠れている可能のあることが示された。大腸がん検診を受けた13万人を超 […]

Read More
1HDN7月26日「パッケージニュース」No.3

HPVワクチンで皮膚がんが消失、米症例報告

皮膚がんの一種である有棘細胞がん(皮膚の扁平上皮がん)の高齢患者に対し、9価のヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンを全身性投与の後に腫瘍内に投与した結果、複数あった腫瘍が完全に消失したことを、治療に当たった米マイアミ […]

Read More